« March 2019 | Main | May 2019 »

April 2019

April 29, 2019

JL711シンガポール行き(SFML)

JL711便の搭乗時刻は17時30分から、上級会員・上位クラスの優先搭乗のあとでエコノミークラス(プレエコもエコノミーと一緒)の搭乗になります。

 

Img_0754

エコノミーより少し広いシート、スリッパ・アメニティ・ヘッドホン・ブランケット・ピローが置いてあります。

ヘッドホンはノイズキャンセリングヘッドホンなので、雑音が入らなくて好きです。

映画や音楽だけでなく、眠りたい時にも飛行機特有のあのゴーっという音が遮断されるので便利です。

アメニティのポーチの中にはマスク・アイマスク・イヤープラグ・歯ブラシセットなどが入っているのですが、今回特にマスクが優秀だと思いました。

機内は乾燥するのでいつもマスクは持参していたのですが、今回このマスクを使ってみたところマスクのプリーツの部分に濡れたシートを挟んで使うようになっていたので乾燥度合いがだいぶ違いました。降りる頃もまだ湿っていました。

 

18時半頃に飛行機は飛び立ちました。

1月なのでもう真っ暗、いつもシンガから帰ってくるときみたいでした。

 

Img_0755

離陸から約30分後の19時頃に飲み物のサービスがありました。

亀田製菓のあられミックスとスカイタイム(キウイ)をいただきました。

テーブルの端のほうに緑のテープが貼られていますが、これは特別食の目印にと着席後に乗務員さんが貼ってくれたものです。

そう、今日はシーフードミールをリクエストしてあるんです。

約10日後の機内食も今日と同じメニューなので、1回は久しぶりにシーフードミールにしてみようと思ったんです。

 

Img_0756

19時30分頃にお食事がサーブされました。

シーフードミールのメインは白身魚のトマトソース海老ピラフ添え、サイドメニューは右からピクルス・スモークサーモン・ラタトゥイユ。

パンも普通食のかたとは違うパンでした。

全体的にあっさりめな感じでした。

Img_0757

デザートはマンゴーと白きくらげのシロップ漬けみたいなものでした。

マンゴーは好きですがハーゲンダッツアイスクリーム、食べたかったです。

 

食後は機内の照明が落とされお休みモードでしたが、見始めていた映画を最後まで見ました。

搭乗後すぐから見ていたので、結局2本も見ました。

1000739875_j1

シンガポールが舞台だから見たかったCrazy Rich Asians!

現実離れしたお金持ちがいっぱい出てきました。

 

Zap2_g8357518w

職場の人にすすめられたので見てみたThe Greatest Showman

全く違うジャンルなので比べる必要もないのですが、The Greatest Showmanはよかったです。

10日後の訪星時もまた見ちゃいました。

そのあとは少し眠っていましたが、シンガ時間23時頃に機内の照明が点いておしぼりが配られました。

シンガ到着が近づいてきたのかなと思っていたら、軽食がサーブされました。

昼便の37便はでるのは知っていましたが、この深夜の時間でも軽食でるんですね。いいのに。

Img_0758

軽食もSFMLなので、スモークサーモンサンドでした。

普通食のかたは菓子パン(惣菜パンのようなもの)でした。

飲み物はコンソメスープをいただきました。

 

食べ終わった頃にあと1時間ちょっととのアナウンスがありましたので、またそのあとはウトウトしてました。

余談ですが‥‥私はJALに乗るとジェットストリームを聞くとすぐ眠れます。

オープニングのミスターロンリーを聞いているうちに眠りに落ちていて、エンディングのミスターロンリーで目が覚めるってことがよくあります。

 

24時35分頃にチャンギ国際空港に到着しました。

こんな遅い時間でも、入国審査は少し並んでいて、タクシー乗り場も少し並んでいてタクシーに乗ったのは25時15分頃でした。

深夜だし20分ぐらいでホテルに着くかなーと思っていたら、ホテルに着いたのは30分後でした。

なぜかというと、ゲイランを経由して行ったから(笑)

運転手さんとお話ししていた中で、「ゲイランに美味しいものがある。知っているか?」「えっ、それ何ですか?どんなもの?」「りゅうりゃん」「りゅうりゃん?」

何度聞いても「りゅうりゃん」がなにかわからず、結局運転手さんは見せたほうが早いと思ったらしくタクシーは高速道路を途中で降りて一般道へ。

そして、ゲイランロードのとある場所で止まって「あれだよ、りゅうりゃん!」とさす方向には、ドリアンが山積みに売っていました。

「りゅうりゃん」ってドリアンのことだったみたいです。

榴蓮と書いてありました。

タクシーにもホテルにも持ち込めないのでここで食べる?と聞かれましたが、「今日は食べない、前に食べたことあるから」と断ってホテルに向かってもらいました。

運転手さんは、私がドリアンを知っていたことと前に食べたことがあるといったことに満足したみたいでした。

思いがけず深夜のゲイランロードを通ることになりまして、やはり夜は賑やかだと感じました。

飲食店も夜のお店も営業中のお店がたくさんあって、深夜1時半過ぎとは思えないほどでした。

 

25時45分、ホテルに到着しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2019

空港食堂@那覇空港&JAL906

チェックアウトの為にフロントに降りたのは10時15分頃でした。

フロントは少し混んでいて数人並んで待ちました。

その後、ゆいレールで空港に向かいましたが、びっくりしたのは通勤電車並みに満員だったことです。

もともと2両編成なのでキャパが少ないせいもあると思いますが、旭橋駅では何とか待っている人は乗れましたがそのあとの駅では乗り切れず次を待つ人もいました。

まるでいつもの通勤電車みたい(笑)

乗っている人のほとんどは空港に向かう旅行者でした。(スーツケース持って乗っている人もいたので余計に混んでいたと思います)

 

さて、那覇空港に着いて「沖縄そば」を食べようと空港食堂に向かいました。

ゆいレールからの連絡通路は2階(出発ロビー)につながっているので、空港食堂のある1階(到着ロビー)へ下ります。

到着口A(JAL)のすぐ脇にも沖縄そばのお店(そば処 琉球)がありましたが、空港食堂のほうが活気がありそうだった(お客さんが多そうだった)ので。

 

Img_3677

9時オープンですが11時までは幾つかの限られたメニューのみで11時からそれ以外の注文ができるようです。

こののれんをくぐると券売機があるので、まず食券を買ってそれを店員さんに渡しテーブルで待ちます。

Img_3682

Img_3681

お茶はセルフサービスで、食券の半券とともに待ちます。

 

Img_3683

沖縄そば 540円

朝食をあんなにたくさん食べたのに、美味しくて完食。

だしもいいお味でしたしお肉もかまぼこも美味しかったです。

空港食堂、空港で働くかたもたくさん食べにいらっしゃっていました。

リーズナブルで美味しいのでおすすめです。

Img_3676

 

Img_3678

4階のビュースポットから北側ゲート(ANA)方面を、向こうに青い海が見えます。

海の色は写真より実際に見たほうが青かったです。

Img_3679

那覇空港の模型がありました。

向かって右が北側ゲート(ANA)、左が南側ゲート(JAL)です。

 

そのあと保安検査に向かいました。

預ける荷物がないのでここでも羽田と同じで保安検査を済ませ、あとは直接搭乗ゲートへ行けばよいので簡単でした。

搭乗までまだ時間があったので、少しお土産を買いました。

4529448320670_sub02

前にお土産でいただいて美味しかった「雪塩ラスク」

カステラのラスクなんですが、やさしい口当たりです。

12枚入りで1,080円でした。

 

4540118002726_l  

ホテルでもでた「雪塩ちんすこうミルク風味」、新作でしょうか?

今回初めて見たので買ってみました。

これは一番小さいサイズで2個入×3袋、108円

 

121421

オリオンビール酵母入りのナッツ、16g×5袋で356円。

 

Img_3688_1

保安検査前にポーたま(ポークたまごおにぎり)を買い忘れてしまったので、代わりに買った「すぱむすび」。

帰りの機内で食べようと思います。290円

レンジで温めてから渡してくれました。すぐに食べるのなら温かいものが食べられていいですね。

 

Img_3686_1

これから乗るJAL機。

座席数500位あります。

シンガ便も中型機が多いので久しぶりに大きいなと思いました。

Img_3687_1

Img_3689_1

いよいよ搭乗です。

丸一日に満たない短い滞在でした。

 

JAL906便は、13時頃離陸し、15時頃に羽田に到着しました。

帰りは2時間位と行きより早かったです。

殆ど揺れなかったし快適でした。

 

 

初めての沖縄がまさかJGC修行で行くとは予想もしていませんでした。

たった1泊、それも滞在時間20時間位でしたのでできることに限りはありましたが、かなり満足な滞在にはなりました。

首里城へ行かれたのがよかったと思います。

迷っていたんです、首里城へ行くかどうか。。。

到着が夕方だし、土地勘もない場所なのでどうしようかなーと。

空港からホテルに直行して国際通りでもぶらぶらしてもいいかななんて思ってもいたんですが、せっかくなのでとりあえず行ってみよう!と。

ゆいレールも便利だったし、ホテルも駅前だったし、いろんなことに助けられたと思います。

また機会があったら首里城はもっとゆっくり見たいです。

日本でも中国でもない独特の雰囲気でした。

「琉球王国」が確かにそこに存在していたのだと感じました。

 

JGC修行の那覇旅行記は以上で終了いたします。(旅行記と言えるほどではありませんが。。。)

次からは1月のシンガ旅行記に戻ります。

 

| | Comments (0)

April 25, 2019

ダブルツリーbyヒルトン那覇(朝食)

 

2日目 2019年03月11日(月)

 

朝食は1階のレストランThe Riversideにていただきます。

Img_1209_2

チェックイン時に8時30分に予約しておいたので、待つことなく席に案内されました。

レストランの奥のほうはヒルトンオーナーズとJTBのゲスト専用ラウンジとなっているようで、静かにいただけました。

Img_1235

お料理は一般のお席のエリアに用意されているビュッフェコーナーからいただきます。

一般的な朝食ビュッフェメニューのほかに沖縄のお料理もいくつか提供されていました。

Img_1231

まずは野菜をいただいて。。。

 

沖縄のお料理は日替わりで提供されているみたいです。

Img_1232

Img_1233

左からゴーヤーチャンプルー、イナムルチー(具だくさんのお味噌汁)、パパイヤとほうれん草のいりちー。 

Img_1234

少しずついただきます。向こう側の2つが沖縄のお料理(ゴーヤーチャンプルー&いりちー)

 

沖縄そばのコーナーもありました。

Img_1237

Img_1236

Img_1238

左はイナムルチーで右が沖縄そば(おそばはほんの一口分です)

 

Img_1239

普通のお料理コーナーにあった沖縄のお料理(島豆腐と?)

 

Img_1243

エッグステーションはなかったのですが、シェフがフレンチトーストを作っていました。

もしかして日替わりでエッグステーションになっているかもしれません。

Img_1242

Img_1240

フレンチトーストは3種類用意されていましたが、沖縄に来ているので「沖縄マンゴーソース」にしました。

思ったよりも甘くなかったです。

 

Img_1241  

フルーツはドラゴンフルーツがありました。

 

ラウンジの係りの女性(食べ終わった食器を片づけたりして下さっていたかた)が、とても感じの良いかたでいろいろすすめてくださって朝から食べ過ぎてしまいました。

沖縄のおかあさんって感じのかたでした。

| | Comments (0)

April 23, 2019

ダブルツリーbyヒルトン那覇(部屋からの眺め)

ホテルは12階建てだったようです。

宿泊した部屋は1102号室、11階でした。

初日はホテルに戻ったのは夜だったので外の景色がどうなっているのかわかりませんでしたが、翌朝見てみると‥

ゆいレールも見えるし、川も見えるし、高層ビルがまわりになかったので開放感がある感じでした。

 

Img_1256_1

Img_1255_1

Img_1254_1

 

 

| | Comments (0)

April 21, 2019

ダブルツリーbyヒルトン那覇(チョコチップクッキーとウェルカムドリンク)

ダブルツリーbyヒルトンではチェックイン時に1人1枚チョコチップクッキーがもらえます。

どこのダブルツリーbyヒルトンでもだそうです。

世界共通のレシピで焼いているそうです。

 

Img_1207_1

ホテルに入ってすぐのところにクッキーのキャラクターがいました。

何という名前でしょうね、チョコチップクッキーくん?

 

このホテルにはエグゼクティブラウンジがないので、その代わりにとウェルカムドリンククーポンをいただきました。

Img_1193_1  

1階のレストランで5:30pm~9:00pmまで使用可能とのことでしたので、国際通りから戻って来たときにレストランに寄りました。

テイクアウェイも可能とのことでしたので、部屋に持ち帰りクッキーと一緒にいただきました。

Img_1230_1

ドリンクは、沖縄なので「シークワーサージュース」をいただきました。

(コーヒー・紅茶はお部屋でも用意がありますしね)

チョコチップクッキーは大きめで食べ応えがありました。美味しかったです。

 

チョコチップクッキーは販売しているとフロントに書いてありました。

(7枚で1,300円と書いてあったような‥)

| | Comments (0)

April 19, 2019

ダブルツリーbyヒルトン那覇(お部屋その2)

Img_1220_1

ベッドと窓の間に机があり、電話・お水・ウェルカムスイーツなどがありました。

 

Img_1221_1

Img_1223_1

スイーツは沖縄スイーツ?、雪塩ちんすこう・ドライフルーツ・キャンディ・シーサーの形のゼリーでした。

 

Img_1222_1

ペットボトルのお水は2本、お水の左側にあるのはiHomeスピーカーとしても使えるようですが私はスマホの充電に使いました。

Img_1253_1

 

Img_1225_1

マッサージチェア、大きくて重いので狭い室内ではちょっと邪魔だなと感じることもありました。

が、テレビを見ながら利用させていただきました。

 

Img_1226_1

テレビは机の向かい側の壁に沿ってありました。

マッサージチェアに座って見ることも、ベッドで寝ながら見ることもできました。

 

Img_1227_1

Img_1228_1

Img_1229_1

テレビの左下に、ネスプレッソと湯沸かしポット・お茶が用意されています。

お茶は、さんぴん茶もありました。

| | Comments (0)

April 17, 2019

ダブルツリーbyヒルトン那覇(お部屋その1)

それではお部屋に入ってみましょう。

Img_1219_1

19㎡なので狭いですが、ベッドは枕も含めて寝心地がとてもよかったです。

いつも泊まるシンガのコンラッドも寝心地は最高ですが、他にも今まで泊まったヒルトンのホテルはどこも寝具にハズレがありません。

 

Img_1214_1

入口からお部屋を見たところ。

左側のドアはバスルーム、上の写真には写っていませんがバスルームの手前(ドア入ってすぐ左)は金庫・アイロン・服がかけられるハンガーエリアとなっています。

 

 

Img_1213_1

Img_1212_1  

この2枚がお部屋に入ってすぐ左側です。

スリッパもバスローブもありました。(バスローブは期待していなかったので嬉しかったです)

 

Img_1218_1

Img_1215_1

Img_1216_1

Img_1217_1  

バスルームも広くはありませんが、必要なものは揃っています。

綿棒とコットンはフロントでいただけます。

バスタブが想像より大きくて、持参した入浴剤を入れてゆっくりお湯につかれました。

Img_3700

バスアメニティは、CRABTREE & EVELYN の Verbena and Lavender。

シャンプー・コンディショナー・ボディウォッシュ・ボディローション・石鹸が用意されていました。

| | Comments (0)

April 15, 2019

ダブルツリーbyヒルトン那覇(外観・ロビーなど)

チェックインは19時少し前にしていましたが、食事&国際通りちょこっとお散歩を終わってホテルには20時半過ぎに戻りました。

では、ホテルのご紹介を。

 

Img_3664

ゆいレール「旭橋駅」の目の前です。

大きな荷物(スーツケースなど)があっても駅からはエレベーターを利用できるので便利です。

 

Img_1260_1

ホテルのエントランス、国道58号線沿いです。

 

Img_1258

チェックインは1階のフロントで行いました。

窓口は3つ設けられており一番奥がHilton Honors専用となっているようでしたが、手前の空いていた窓口で行いました。

11階のマッサージチェア付きのお部屋にアップグレードしてくださったそうです。

スタンダードルーム(1 Queen bed Guestroom)を予約していましたが、プレミアルームにUGされたようです。

マッサージチェアのあるお部屋は初めてです。

朝食は1階のレストランでいただくのですが、翌朝の朝食時間もこの時に予約しました。

 

Img_1210_1

1階に外貨両替機がありました。

海外からのゲストが多いようなのでこれは便利だと思いました。

私が宿泊した日も中国系のかたを多く見かけました。

 

Img_1211

エレベーターは2基、時間帯によっては少し混みました。

 

Img_1208_1

落ち着いた感じのロビーです。

| | Comments (0)

April 14, 2019

お肉のパエリア&チキンの赤ワイン

Img_3710

昨日もパエリアランチに間に合いました。

おかずがチキンの赤ワインでしたがお肉のパエリアにしました。

チキン、美味しかったです。

赤ワインソースが絶品でした。

お肉のパエリアは、豚肉・ベーコン・ジャガイモ・いんげん・パプリカなどが入っていまして、お魚のパエリアとはまた違う美味しさでした。

日本人がパエリアと言って思い浮かべるのは魚介のパエリアだと思うんですが、今日のはスペインで食べたパエリアに似ていたなと思いました。

ずーっと前にスペインに行った時に何度かパエリアを食べましたが、野菜のパエリアなど魚介以外のパエリアも多かったんです。

昨日のはその時の味に似ていたなと。。。

魚介とお肉、どちらも美味しいんですがうまみが違うので甲乙つけられません。

 

 

パエリアランチ(お肉)  850円

 

Img_3711

メソン・バスカ 

千葉県船橋市本町4-4-7 船橋NTビル1階

| | Comments (0)

April 11, 2019

少しだけ国際通りを歩いてみました

食後、せっかくなので国際通りへ行ってみました。

「みかど」からだと歩いて行かれます。

 

Img_1199

お土産物のお店が多かったです、シーサー・お菓子など。

 

Img_1200

おしゃれ系かりゆしウェアのお店もありました。

 

Img_1201  

飲食店も多く、賑やかでした。

 

 

国際通りといえばシーサーかなあと。

県庁前駅に近いほうの通りの入口の両側にいました。

Img_1203

Img_1205

 

| | Comments (0)

April 09, 2019

沖縄風ちゃんぽん@みかど

首里駅からゆいレールに乗ったのは18時半ごろでした。

今夜のホテル、ダブルツリーbyヒルトン那覇のある旭橋駅まで約16分、ホテルは駅の目の前なので19時ちょっと前にホテルに着きました。

とりあえずチェックインして、部屋にバッグを置いて夕食に出かけました。

 

現地からもアップした通り沖縄風ちゃんぽんを食べました。

土地勘がないのでできればホテルから近い・モノレールの駅から近い食堂を調べておいて「みかど」に行こうと思っていました。

みかどは旭橋駅の隣の県庁前駅から徒歩5分くらいとのことで条件にぴったりでした。

県庁前駅からは大通りを歩くので迷うことはありませんでしたが、混んでいたので少し並んで待ちました。

時間的に混んでいる時間だったのかなと思いましたが10分ほどで着席できました。

 

 

Img_1195

ちゃんぽんです。お味噌汁もついています。

コンビーフと野菜を炒めたものが卵とじにされてご飯の上に乗っています。

この写真だとご飯が見えませんね。

そして、お箸でなくスプーンでいただくのも沖縄風?

野菜がたくさん、キャベツ・玉ねぎ・にんじん・もやし・じゃがいも・青菜などです。

コンビーフも懐かしかったです!(お店によってポークランチョンミートを使っているお店もあるようです)

量は多かったのですがモリモリ美味しく完食しました。

 

Img_1194

 

お店は沖縄のお母さんたちがてきぱきと働いていらっしゃいます。

 

 

ちゃんぽん   680円

 

お食事処 みかど

沖縄県那覇市松山1-3-18

098-868-7082

営業時間 8:00~24:00

ゆいレール「県庁前」駅より徒歩5分くらい

 

Img_1198

Img_1196

Img_1197

 

| | Comments (0)

April 07, 2019

お魚のパエリア&チキンのマスタードクリーム

昨日のランチもパエリア間に合いました。

お魚もお肉もどちらもまだあったのですが、おかずがチキンだったのでパエリアはお魚をいただきました。

Img_3701_1

昨日もパエリアはもちろんおかずも美味しかったです。

 

このところ毎週パエリアが食べられて嬉しいです。

来週も食べられるといいなと思います♪

 

パエリアランチ(お魚)  850円

 

※4月より料金が変わりまして、パエリアランチは750円→850円になりました。

 

 

メソン・バスカ

千葉県船橋市本町4-4-7 船橋NTビル1階

 

| | Comments (0)

桜が満開でした

家の近所の桜が満開になりました。

平日は朝は早く夜は遅くゆっくり見られませんが、この週末はお天気も良くて満開の桜が見られました。

 

Img_3702

Img_3709

| | Comments (0)

首里城公園から首里駅へ

Img_1186

かなり駆け足の首里城観光が終わりました。

修行で飛んだ那覇、何か一つくらいは観光っぽいこともって思って行った首里城でしたがかなり満足しました。

時間が少なかったので急いでまわり、御内原はほぼ駆け足でした(笑)(坂と階段だったので後日足が痛くなりました)

想像以上に首里城はよかったです。

また機会があればゆっくり見に来たいです。

 

 

首里城公園からゆいレール首里駅まで、来るときはタクシーを使いましたが帰りは歩いて行きました。

首里城公園のHPには駅からの丁寧なルート案内があるので帰りは反対に歩けば駅に着きます。

 

Img_1187

右手に龍譚(りゅうたん:池)と首里城の遠景が見えます。

ここからでも首里城が高い場所にあることがわかります。

 

 

Img_1188

龍譚から2~3分進むとローソンがあります。

普段見かけるローソンは青いイメージですが、ここの店舗は沖縄赤瓦を使っています。

Img_1189

屋根のアップ。

 

 

Img_1190

近くのマンションの入口にはシーサーがいました。

 

 

Img_1191

図書館の掲示板も沖縄赤瓦&シーサー。

 

徒歩約15分と書いてありましたが、まわりをキョロキョロしながら歩いて20分位でゆいレール首里駅に着きました。

| | Comments (0)

April 05, 2019

首里城公園6(スタンプラリー)

首里城公園ではスタンプラリーが実施されていまして、全12個ゲットできました。

守礼門の少し手前にある総合案内所で、パンフレットと一緒に用紙をいただけます。

初めは、、、スタンプラリー制覇するつもりはなかったのですが、見学ルートに沿って見学すれば自然とスタンプも押せるので達成のハードルはあまり高くはないと思います。

 

 

Img_1250

このように公園内の12か所でスタンプを押すようになっています。

スタンプを集めて記念品がもらえます。

(8個:記念シール、全部:記念シール+首里城グッズ)

 

 

Img_1249

12個すべてゲットできたので、記念シールとオリジナルグッズ(A5サイズのクリアファイル)いただきました。

| | Comments (0)

April 03, 2019

首里城公園5(北殿)

見学コースの最後になるのが御庭(うなー)にある北殿(ほくでん)です。

正殿・南殿・北殿などに囲まれた中庭広場を御庭といい、首里城の中心で年間を通して色々な行事が行われました。

 

Hokuden_img_01

北殿(ほくでん)

北殿は評定所と呼ばれる重要案件を詮議した政府の中枢機関でした。

また冊封使を歓待した場所でもありました。

 

2000年に行われた沖縄サミット(主要国首脳会議)の晩餐会はここ北殿で行われたそうです。

 

Img_1183

 

Img_1184

北殿の内部では御庭で行われた行事の様子がミニチュアで再現されたものなどが展示されています。

正面が正殿、左側が北殿ですね。

 

時間があったらもっとゆっくり見たかったです。

| | Comments (0)

April 01, 2019

首里城公園4(御内原)

続いて首里城の「奥」の世界、御内原(おうちばら)へ。

国王やその家族の生活空間であり、国王およびその家族以外は男子禁制でした。

ここは王妃を頂点に、女性がすべてを取り仕切る「奥」の世界でした。

 

Img_1180

寄満(ゆいんち)

国王とその家族の食事を準備していた場所です。

 

 

Img_1179

世誇殿(よほこりでん)

国王が亡くなると、次期国王の即位の礼が行われた場所。

普段は、未婚の王女の居室として使用されていました。

 

 

Img_1182

女官居室(にょかんきょしつ)

御内原で務める女官たちの居室。

 

 

Img_1175

白銀門(はくぎんもん)

「寝廟殿(しんびょうでん)」に通じる正門で、国王だけが出入りすることが出来ました。

別名「しろがね御門。

「寝廟殿」の写真を撮っていませんでしたが、寝廟殿とは国王が亡くなった際、その亡がらを一時、安置した場所です。

 

 

 

東のアザナ(あがりのあざな)から振り返って見渡したところ。

Img_1178

 

Img_1177

 

Img_1176

 

Img_3653

 

 

Img_3652  

東のアザナ(あがりのあざな)

城の東側に築かれた物見台で、首里城一帯や城下が見渡せました。

標高約140mの位置にあるため眺めがよいです。

ずーっと向こうに海が見えます。

| | Comments (0)

« March 2019 | Main | May 2019 »