« 朝食@ラウンジ | Main | カシューナッツとレーズン »

June 05, 2016

Thaipusam2016

1月24日、この日はタイプーサムが行われましたので見に行きました。
以前と同じようにランデブーホテルのところ(Prinsep Street)で見ようと思ったので、10時頃にホテルを出発しサークル線でBras Basah駅まで行きました。
歩いて行けない距離ではありませんが、このあと何時間か立ちっぱなしなのでちょっとラクをしました。

086
既に人がいっぱいです。

今年のカバディはクジャクの羽が飾られたものが多かったような気がします。
カバディにも流行があるのでしょうか???

《カバディコレクション》

087

091

093

097

099

104

090
まだ少年と思われますが頑張っています!

101
女性も頑張っています。

102
背中にライム、痛そうです。

103
このかたも、、痛そう。


今年はライブミュージックが42年ぶりにOKだったそうで、Dhoby Ghaut Greenは賑やかで、カバディを背負ったまま踊るかたもいらっしゃいました。

107

108


Dhoby Ghaut Greenや終点の寺院の近くでは飲み物や食べ物のサービスが行われていました。
私は途中で飲み物をいただきました。

111

112

115

140

終点の寺院(Sri Thandayuthapani Temple)へはまだ行ったことがありませんでしたが、そんなに遠くなさそうでしたし、行列について行けば行かれるのでついていってみました。

Dhoby Ghaut GreenからPenang Roadにでて、Tank Roadに左折したらあとは道なりに進むだけなのですが、この道が非常に混んでおりました。
寺院に入るための列(車道)と歩道に分かれていて、私は歩道のほうを歩いていましたがそれでもかなり混んでいました。

118
寺院まで500mまで近づきましたが‥

119
このあたりまで来ると、一度に寺院に殺到しないようにするためかロープで仕切られて少しずつしか進めません。

ここで、、、変わった形のカバディを発見しました。
121
なんと、ゴープラム(高門)の形です。

133


寺院が見えてきました。
123

124

137
寺院へは靴を脱いで入りますが、みなさんこんな脱ぎ方をして‥
あとで自分の靴を見つけられるのでしょうか(笑)

138
進むのを待っているみなさん。


リトルインディアに行くとインド系のかたがたくさんいますが、このタイプーサムでは「シンガにこんなにたくさんインド系のかたがいたんだ」と改めてビックリしました。
開催される日は毎年違うタイプーサム、運よく今年も見ることができました。
シンガでは日本では経験できないこともあるので、このような機会があったらこれからも大事にしていければと思っています。

|

« 朝食@ラウンジ | Main | カシューナッツとレーズン »

2016年01月シンガポール」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Thaipusam2016:

« 朝食@ラウンジ | Main | カシューナッツとレーズン »