« November 2015 | Main | January 2016 »

December 2015

December 31, 2015

一目ぼれしたアイシャドウ

10月頃に見た雑誌(たしか美的だったと)に紹介されていた、THREEのリップジャム(リップグロス)の色がとてもきれいでした。
けれど、近くにTHREEを売っているお店もないし、限定品だから買う機会はないだろうと思っていました。
今まで何度かTHREEは買っていますが、いつも空港の免税店だったんです。
次に空港を利用する時まで限定品が残っているとは思えないし、諦めていました。
そうしたら、私がよく利用する駅のショッピングセンターに新しくオープンしたお店(フルーツギャザリング)でTHREEの取り扱いがあるのを見つけました。

Holiday2015_lip_jam
THREE シマリング リップジャム
月の光が溶け込んだ、やわらかな輝きを唇へ。

雑誌で見たのは一番右の色(X04 SUGAR MOON)でした。
THREEのリップジャム、前に買った他の色を使っているのですが、色は見た目ほど濃くないのでとても使い易いので気に入っているんです。


その時に、やはり限定品で販売されていたアイシャドウに一目ぼれしてしまいました。

Holiday2015_eye_palette
THREE 4Dプラスアイパレット
夜空を照らす、神秘的な月の光を目もとに。
X01 MOONRAY <2015 HOLIDAY限定色>
少し赤みのあるトープカラーとソフトブラウン、ミステリアスなグレイッシュパープル、眩いムーンゴールドのハーモニー。
見た人の心を引き込む月のように、神秘的で印象深く、それでいて穏やかな表情を映し出します。

THREEのアイシャドウは使った事がなかったのですが、色があまりにも私の好みだったのでBAさんにタッチアップしてもらいました。
パッと見は濃い色のように見えますが、つけるとそんなことはなく立体感がでてきれいでした。
そして、実は右上はオイルベースだし、4色を重ねても透明感があってきれい、ブラシでなく指でもつけられます。
今まで使っていたアイシャドウと違いが多くてびっくりしましたが、気に入りました。
リップジャムも一緒につけていただき、どちらも気に入ったので買ってしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2015

カフェコムサ

先週の土曜日、久しぶりに英会話友達のK子さんと会いました。
8月に成田に行った時に会って以来だから、4か月ぶりでした。
会っていなくてもその間も、メールで連絡は取り合っていたので「えっ、そんなに会っていなかったっけ?」という感じでした。

二人で夕方のレッスンを予約していたので、その前の少しの時間でしたが、カフェコムサでお茶しました。
もっと時間があったら、フルーツたっぷりのケーキなど食べたかったのですが、あまり時間もなかったので飲み物だけで‥

Img_1708
私は、ジンジャーレモネードを飲みました。
中に入っているレモンがハートの形でした。かわいい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2015

31 Sungei Road Laksa

「シンガポール\1000でできること」から次の紹介は、ラクサ☆です。

328と31 Sungei Road Laksaの2店が紹介されています。
(Sungei Road Laksaは前にMariさんが教えて下さったお店だったと思います。)
328は“もはや揺るぎのない味”と絶賛されていて、31 Sungei Road Laksaのほうは、「丼からあふれんばかりにたっぷりに入れられた太めの麺(小S$2.00)。具も大きめでラクサの葉もたっぷり入って、オレンジ色のスープとのコントラストが素晴らしい。スープの濃厚加減は328と同じですが、こちらの方が若干甘い味付け。シャキシャキのもやしがバイプレーヤーとしてナイスな仕事をしていて、こちらのラクサを推す人が多いというのもよくわかります。」

Img_1702
見た目には328より麺が太いような気がします。
これは美味しそうですね。場所もカトンより近いので、行き易いような気がします。

31 Sungei Road Laksa
31 K3lantan Lane, #01-12 Seng Chuan Eating House
9:00~18:00
毎月第1水曜休み

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 27, 2015

エッグベネディクト

ロイヤルホストのエッグベネディクトが食べたくてみたくて行ってきました。

Img_1707

エッグベネディクト
~ロイヤルホスト風~

ポーチドエッグとスモークサーモン、2つの味が楽しめるので、飽きなくていいなと思いました。
どちらかと言えば、私はポーチドエッグのほうが好みでした。

人気店で食べたことがないので、本当のものがどういうものかわかりませんが、ファミレスでもこれはこれで美味しかったです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Loo's Hainanese Curry Rice

「シンガポール¥1000でできること」から続いてのご紹介は、海南スタイルのチキンカツカレーです。

シンガでカレーといえばインド系のお料理しか食べていないと思いますが、これを読んだら食べてみたくなりました。

Img_1700
『ココナッツミルクで作られたオリジナルのカレールーは海南スタイルの証。濃厚でこってりしたルーは、ココナッツミルクにこだわった成果。』だそうです。

このお店、場所がティオンバルなので行くかどうかは微妙なところですが、行けたら行ってみたいなと思います。

チキンカツカレー(取材時の価格は、S$3.20)

Loo's Hainanese Curry Rice
#01-88, Tai Kwang Huat Coffee Shop, 57 Eng Hoon Street
8:00〜14:00
隔週木曜休み

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2015

Chin Mee Chin Confectionery

先月紹介した「シンガポール¥1000でできること」、その後も引き続き読んでいますが、行ってみたいなと思うお店もあるので、メモがわりに記事にアップしておくことにしました。

改めて書いておきますが、この本は【ケチな旅行を推奨しようというのではありません。(中略)1000円以下の価格帯に収まっているということは、観光客相手のよそ行きの顔をした店でなく、その国のスタンダードが凝縮されているということなのです。そのような場所で見たり聞いたり食べたり遊んだり体験したりすること。それはまさに、その国のリアルな姿を感じたり、触れたりするということにほかならないのです。
1000円でリアル・シンガポールを体験しつつも、こだわるところはこだわる‥。たとえばホテルの部屋をクラブフロアにしてみたり、往復のエアラインをCクラスにしてみたり、ラッフルズ・ホテルでディナーを楽しんでみたり、ラグジュアリー・スパのワンデイ・コースを選択してみたりといった贅沢もしてみる。そんな「¥1000でできること」と「憧れていたこと」を両立する旅をして欲しいと願って作られた本なのです。】~「はじめに」に代えて~より

この本はローカル朝ごはんの定番、カヤトーストからスタートしており、Chin Mee Chin ConfectioneryとYY Kafei Dianが紹介されています。
YY Kafei Dianは前回行ったので、機会があればChin Mee Chin Confectioneryに行ってみたいなと思います。Chin Mee Chinはプラナカン・エリアにある老舗ベーカリーだそうです。
場所はたしかいつも行く328の数軒おとなりだったと思いますが、早く閉まってしまうので入ったことはないんです。

Img_1699
『焼きたての円形パンのまわりはカリッ!中はモッチリという絶妙な焼き上がり。カヤとバターが実に馴染むんです。』
おいしそうでしょ

(卵なしS$2.00~)

Chin Mee Chin Confectionery
204 East Coast Road
8:00〜16:00(火〜日曜)
月曜休み

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 25, 2015

☆Merry Christmas☆

030_2

May peace, joy and happiness be yours this Christmas season.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2015 | Main | January 2016 »