« マレーシア機不明、中国人乗客のテロ関与なし 中国大使 | Main | マレーシア機不明、最後の交信前にルート再設定か »

March 19, 2014

マレーシア機の方向転換、タイ空軍のレーダーでも確認

1395198920656.jpg
2014.03.19 Wed posted at 10:11 JST

(CNN) タイ空軍は18日、行方不明になっているマレーシア航空機について、通信が途絶えた後に西へ大きく方向転換した同機と思われる機影を軍のレーダーがとらえていたことを明らかにした。この情報はマレーシア空軍の情報とも一致しており、何者かが故意に同機の針路を変えさせたとの見方が一層強まった。

捜査関係者は18日、CNNの取材に対し、西への方向転換は操縦室にいた人物がプログラムしたことにほぼ間違いないと語った。

この方向指示がいつコンピュータに入力されたのかは不明。飛行中に入力された可能性や、通常通り飛行準備中に入力された可能性もあるという。操縦室に誰がいたのかや、何の目的で針路を変えさえたのかなどは依然として分かっていない。

マレーシア当局の18日の説明によれば、操縦士の私物コンピューターや電子メールを調べた結果、計画的な針路変更をうかがわせるような内容は見つからなかった。

航空機同士や管制塔とのやり取りにも不審な点はなく、操縦士のフライトシミュレーターも予定外のルートは示していなかったという。

タイ空軍の報道官がCNNに語ったところでは、軍は8日午前1時22分まで、同機の飛行経路に関するデータと通信に関するデータを通常通り受信していた。

しかし突然レーダーから機影が消え、6分後に正体不明の信号を受信。この信号は同機のものだったと思われるが、針路は逆を向いていた。

これに先立ちマレーシア空軍のレーダーも、マラッカ海峡にあるプラウ・ペラク島上空を通過する同機をとらえており、マレーシア当局は、同機が針路をそれて西に方向転換し、マレー半島上空を通過してインド洋に向かったとみている。

現在の捜索は770万平方キロと、米国の国土にほぼ匹敵する広大な範囲に及んでいる。


1395198926681.jpg

|

« マレーシア機不明、中国人乗客のテロ関与なし 中国大使 | Main | マレーシア機不明、最後の交信前にルート再設定か »

日記」カテゴリの記事

MH370便」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マレーシア機の方向転換、タイ空軍のレーダーでも確認:

« マレーシア機不明、中国人乗客のテロ関与なし 中国大使 | Main | マレーシア機不明、最後の交信前にルート再設定か »