« 捜索範囲さらに拡大、11カ国含む陸と海 マレーシア機不明 | Main | マレーシア機不明、中国人乗客のテロ関与なし 中国大使 »

March 18, 2014

不明のマレーシア機、「レーダーかわして着陸」の可能性は?

1395113256836.jpg
2014.03.18 Tue posted at 11:50 JST

(CNN) 消息不明のマレーシア航空機を巡り、針路変更後にどこかの陸地に着陸したとの説が議論されている。周辺国などのレーダーに捉えられることなく着陸地点にたどり着くことは、果たして可能だったのだろうか。

米連邦捜査局(FBI)元特別捜査官で防衛コンサルタントのジェフリー・ビーティー氏は、レーダー網を避ける飛行ルートが事前に計画されていた可能性を指摘する。アジアの山岳地帯上空をレーダーに感知されないように飛行することは「確かに可能だ」と、同氏は話す。

「ベテラン操縦士なら、周辺のレーダーの位置をすべて把握して盲点を割り出すこともできるはずだ」という。同氏によれば、米軍がパキスタンで国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン容疑者を追跡した際にも同様の作戦が立てられた。

17日付のマレーシア紙ニュー・ストレーツ・タイムズはある情報筋の話として、不明機が高度5000フィート(約1520メートル)未満の低空を飛び、山岳の陰に隠れてレーダー網を回避したことも考えられると伝えた。マレーシア当局者は、同日の時点でこの報道に関知していないと述べた。

また、インド軍のある幹部は同日、CNNとのインタビューで、インド軍のレーダー網では不明機が向かったとされる東部ベンガル湾のアンダマン・ニコバル諸島周辺の監視が比較的手薄になっていると語った。

ただCNNが取材した専門家らによれば、これほどの大型機が長時間低空飛行を続けるのは非常に難しい。たとえそれができたとしても、レーダーから逃れられるかどうかは不明だという。

一方、CNNの航空アナリストは「操縦かんを握っていた人物は、レーダーから逃れるためにどのルートが最適かを熟知し、非常に高度な操縦技術を持っていたのではないか」と指摘。さらに、他の航空機のごく近くを飛ぶことでレーダーをかわした可能性もあると述べたが、これについては「技術的にほぼ不可能」との見方が強い。

不明機の捜索は計26カ国が参加し、インド洋から中央アジア、南アジアの陸地にかけての広大な範囲で続けられている。

|

« 捜索範囲さらに拡大、11カ国含む陸と海 マレーシア機不明 | Main | マレーシア機不明、中国人乗客のテロ関与なし 中国大使 »

日記」カテゴリの記事

MH370便」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 不明のマレーシア機、「レーダーかわして着陸」の可能性は?:

« 捜索範囲さらに拡大、11カ国含む陸と海 マレーシア機不明 | Main | マレーシア機不明、中国人乗客のテロ関与なし 中国大使 »