« 328カトンラクサ | Main | S.E.A.AQUARIUM »

May 18, 2013

バスが故障(涙)

328でラクサを食べたあと、
「今日も一日、充実してたな。タイプーサムも見られたし、新しいホテルでお茶したし、美味しいラクサも食べて満足、ホテルに戻ってぐっすり休もう♪」
と、Roxy Square前のバス停でバスを待っていました。
ホテルに戻るためには(Nicoll Highwayのバス停)、10か14のバスのどちらかなので、早く来た方に乗ろうと思っていました。

けっこう待って(15~20分)来たのは14番バス。
元々そんなに頻繁に運行している路線ではないと思うのですが、この日はいつもより待った気がします。
14番バスは、East Coast Road・Mountbatten Road・Nicoll Highwayと真っすぐに走っている路線なのですが、乗って3つ目のバス停(B91079 Mountbatten Road Aft Tangjong Katong Road)でバスが故障してしまい、乗客全員(と言ってもあんまりいませんでした)が降ろされました。

日本でバスに乗ることが殆どなく、いつも乗ってる乗り物は電車の私にとって“乗っているものが故障=運転見合わせ=動けない”ので、困ったなーと思いました。
運転手さんに、どうしたらいいですか?と尋ねると、「支払った料金(Ezlinkで払ってるから)は1回乗れるチケットでお返しします。」と言われました。
私が聞きたかったのは、お金の事ではなくどうやってホテルに戻れるか?だったので、もう一度言葉を変えて、私はホテルに戻りたい、どうやって戻ればいいのか?と尋ねました。
そうしたら、「次の14番バスが来るのを待って下さい」って。
そうですよね、よーく考えたら、バスは電車と違って線路を走っているのではないので、1台故障しても次のバスは普通に走っているわけで‥。

そんなことで、“次の14番バス”を待っていたのですが、なかなか来ません。。。
まわりは暗いし、だんだん心細くもなってきて、そんな時に12番バスが来ました。
たしか、12番バスはVictoria Street(ブギス駅)を通るはずだと思いだして、そのバスの運転手さんに聞いてみたら行くよということなので、ちょっと遠回りになっちゃうけれどブギス駅に向かうことにしました。
乗っていて思ったのですが、「夜はまわりが暗くて降りるタイミングがわかり難い」
この時は、乗車時に運転手さんにブギス駅に行くかどうか聞いたので、運転手さんが気を配ってくれて「まだだよ」とか「次だから」と教えて下さって助かりました。

そして、ブギス駅でMRTに乗り換え、ホテルに戻りました。
何もなければ20分位で戻れたはずが、1時間ちょっとかかってしまいました。
今になればたいしたことではないのですが、乗っているバスを降ろされるなんて人生で初めてのことだったのでちょっと緊張して疲れました。
部屋に戻る前にラウンジに寄ってピンク・グアバ・ジュースを飲みながらシェントンウェイの夜景を見て心を落ち着けました。

350

|

« 328カトンラクサ | Main | S.E.A.AQUARIUM »

2013年01月シンガポール」カテゴリの記事

Comments

以前はよくあったんですよ、バスの故障。香港でもありました。(最近はなかったのは、単に運がよかっただけなのかもしれませんね。)
 でも、一人で、暗くなってきてバスを待つのは不安ですよね。

Posted by: 美桜子 | May 18, 2013 10:42 AM

美桜子さん、こんばんは。
美桜子さんは香港でもバスの故障に遭われているんですね。
私、バスに乗り慣れていないので少し慌てましたが、もしもまたあったら今度は落ち着いて行動できるんじゃないかと思います。

Posted by: Mickie | May 19, 2013 10:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バスが故障(涙):

« 328カトンラクサ | Main | S.E.A.AQUARIUM »