« おときそ Episode53~Episode56 | Main | ひと足お先に“土用の丑の日” »

July 20, 2012

おときそ Episode57~Episode60

おときそ第15週、Mikaは飲茶の食べ過ぎでお腹が痛くなってしまいました。
そこへ、ご近所(多分、上の階に住んでいる)のリンさんが登場し、漢方医のところへ連れて行ってくれました。

Week15のcan doは、体調の異変に対応できる。です。

では、Week15(Episode57~Episode60)のPhrase of the Day


Episode57 お腹が痛いことをどう言う?
        I have a stomachache.

Episode58 注射が大嫌い!と伝えるには?
        I hate needles!

Episode59 すごく気分がよくなったことを伝えるには?
        I feel much better now!

Episode60 1日何回飲めばいいのかたずねるには?
        How many times a day should I take it?


漢方医って日本ではなじみがないのですが、中国や韓国では多いですね。
今度韓国(ソウル)に行ったら、漢方医院に行ってみたいんです。
明洞には、日本語の通訳さんがいる漢方医院もあるそうです。
って、いつ行けるかわかりませんが‥。


リンさんのおかげで嫌いな注射もしなくてすんだMika。
来週は、Joeとデートのようです
予告でピークトラムやビクトリアピークが映っていました。
私の記憶が正しければ、ピークトラムは右側の一番後ろの席がおススメです♪

来週は香港編最終週、どんな展開になるのか‥Joeとの関係も目が離せません!       

|

« おときそ Episode53~Episode56 | Main | ひと足お先に“土用の丑の日” »

英会話」カテゴリの記事

おときそ」カテゴリの記事

香港」カテゴリの記事

Comments

漢方のお医者さんって興味はありますが、時間がもったいないかも。
でも、もしもの時は、行ってみたいです。

Posted by: 美桜子 | July 21, 2012 09:11 PM

漢方医は、日本の医者にかかった方がいいですよ。

昔、その方面の会社の立ち上げに参加するしないみたいな話があって、日本の漢方医の先生の話を聞いたことがあるんです(聞いたというより、誘ってくれた人がその先生から聞いたのを聞いたんですが)。

その先生がおっしゃるには、確かに漢方というのは中国が起源だけれども、日本では日本人の体質に合ったように研究・発展してきたものなので、実は別物なんだそうです。

なので「漢方」と一口に言っても、長期的に薬を飲んだりする場合が多いので、日本人の先生にきちんと処方してもらった方がいいようです。

漢方薬って西洋の薬と違って、なんとなく安全なイメージがあるのではないかと思うのですが、「薬」とつくくらいですから、処方や量などを間違えると依存症になったりするので、リスクは同じです。


これがわからないで中毒になって禁断症状で発作を起こす人、結構多いんですよ。

Posted by: あじゃみん | July 22, 2012 11:29 AM

美桜子さん、あじゃみんさん、こんばんは。

漢方というと何だか安全のような気がしていましたが、やはり日本人の病気は日本のお医者さんに見てもらうのがいいんですね。

私は健康なので、韓国で行ってみたい漢方医院も病気の治療のためではなく、漢方(韓方)エステを受けてみたいなと思っているんです。

Posted by: Mickie | July 22, 2012 10:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference おときそ Episode57~Episode60:

« おときそ Episode53~Episode56 | Main | ひと足お先に“土用の丑の日” »