« シンガポール・アート・ミュージアム | Main | 歩き疲れてラオパサへ »

November 16, 2011

看板メニューはプルコギ

昨日は月曜日から焼肉に行きました。
巨牛荘というお店なんですが、前から行ってみたかったお店でした。

そしてこのお店の看板メニューはプルコギケジャンなんです。
昨夜は一緒に行ったかた達がケジャンには興味がなかったようなので残念ながら食せずで、ひたすら肉・肉・肉でした。
プルコギは最後のほうがいい、ということだったのでタン塩・カルビ・ロース・ハラミ等をこれでもかっていう位食べて、プルコギに挑みました。

111114_194801
サンチュにキムチと焼き上がったお肉を巻いて食べるんですけど、すごっくおいしくて
タレの味が表現できないくらいおいしかったです。
サンチュで巻かずに、白いご飯にのせて「プルコギ丼」にしたらいくらでも食べられそうでした。


このお肉を焼く鉄板は変わった形(ドーム型?帽子みたいな形)をしています。
焼くとでてくる肉汁はまわりの溝にたまるんですが(この溝には水を入れてある)、プルコギのしめにはこの肉汁で焼いたうどんなんです。
脂っぽいんじゃないの?って思っていたんですが、食べてみてびっくり。
思ったほど麺が脂を吸っていませんでした。

111114_200201
色も濃いんですが、味は見た目ほど濃くありません。
お醤油ちょっと足して味を整えました。
お店のかたによると、ケジャンのタレを加えると更においしいそうです。


巨牛荘

|

« シンガポール・アート・ミュージアム | Main | 歩き疲れてラオパサへ »

グルメ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 看板メニューはプルコギ:

« シンガポール・アート・ミュージアム | Main | 歩き疲れてラオパサへ »