« March 2010 | Main | May 2010 »

April 2010

April 29, 2010

徳寿宮

5大王宮のひとつ『徳寿宮』に着きました。
都会のど真ん中、高層ビルに囲まれて王宮があるなんで不思議です。

徳寿宮はもともと成宗の兄月山大君の邸宅として造営されました。
しかしその後、豊臣秀吉による文禄の役で義州に避難していた宣祖は、1593年にこの邸宅を、戦火で荒廃した景福宮のかわりの臨時の王宮としました。
そのときは貞陵洞行宮と呼ばれ、さらに光海君が居住しました。
そのときには「慶運宮(キョンウングン)」と命名されました。
しかし、光海君が昌徳宮(チャンドクグン)に移ると顧みられることなく廃墟となりました。
1897年に高宗が慶運宮を改修し、1896年に閔妃が暗殺され、高宗がロシア公館に避難する事件が起きてからは、慶運宮に高宗は居住しました。
以後高宗が退位する1907年まで日韓保護条約の締結など大韓帝国の歴史の舞台となりました。
高宗の次の皇帝純宗は長寿を祈願して「慶運宮」を「徳寿宮」と改名し、現在にいたっています。

259
中和殿(宝物第819号)‥‥慶運宮の正殿として王の即位式、臣下たちの祝賀会、外国使臣の接見など重要な国家的儀式を行った場所です。
260
中和殿に上がる階段の踏道には、朝鮮宮殿の正殿中唯一、二匹の竜が刻まれています。
他の宮殿の正殿にはみな鳳凰が刻まれていますが、大韓帝国出帆後に建てられた建物であるため、皇帝を象徴する竜を装飾したのだそうです。

261262
昔御堂‥‥徳寿宮に唯一残っている重層建物で、丹青が施されていないため素朴な人家のようです。
内部は日本家屋のようでした。


263
チャングムが出てきそうな小路です。


267264
静観軒‥‥その名の通り宮殿後苑の丘の上から“静かに宮殿を見下ろす”休息用の建物です。
1900年頃、ロシア建築家・A.I.Sabatinが韓式と洋式を折衷して設計しました。
基壇の上にロマネスク様式の人造石柱をめぐらせて内部空間を作り、外側には東・南・西の三方向に柱を建てたベランダがあります。
高宗皇帝は静観軒でコーヒーを飲みながら外交使節たちと宴会を楽しんだといいます。
靴を脱いでこの部屋に入って、実際に椅子に座ることもできました。
ちょっとだけ高台にあるので、それなりにいい眺めでした。


守門将交代式は、、、15:30になっても行われず、今日も残念ながら見られませんでした


徳寿宮
ソウル市中区貞洞5-1
tel 02-771-9952


入場料  大人(19~64歳) W1,000
      青少年(7~18歳) W500

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 28, 2010

ちょっとだけ清渓川を散策

鐘路駅にほど近い『ボンビビンバ』での昼食がすみ、次は清渓川経由で徳寿宮へ向かうことにしました。
ガイドブックによると、前の日に景福宮で見られなかった守門将交代式が徳寿宮で15:30~行われるとのことだったんです。
今日は天気もいいので雨天中止はないだろう、と楽しみでした。

鐘路駅の近くから清渓川に出て、距離にすると500メートル位ですが散策しました。
(清渓川は、李明博大統領がソウル市長時代の2005年10月復元されました)
251

252
「広通橋」清渓川にかかる22の橋の中でも一番大きい橋で、王家の人々や使臣の行列が通る重要な通路だったそうです。

253
向こうに見える赤い渦巻のようなものは、「スプリング」。
清渓広場にある高さ20メートルのモニュメントです。

257
清渓広場を左折して太平路を進むと、徳寿宮・ソウル市庁・ソウルプラザホテル方面になります。
が、左折する前に右を見ると李舜臣将軍の銅像、その向こうには昨日は悪天候で見えなかった「青瓦台」が見えました。

徳寿宮の近くにくると、「ソウルプラザホテル」も見えました。(ちょっと曲がって尚且つピンボケですみません)
そうそう、このホテルは冬ソナでヨン様が演じた「ミニョンさん」が滞在していたホテルです。
258

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 25, 2010

ボンビビンバ

241245
この後は、安国駅方面へ戻り、鐘路・仁寺洞方面へ行く予定にしていました。
安国駅への道は大通りではなく、途中まで趣のある小路を通って行きました。
小さなギャラリーなどもあっていい雰囲気なので、今度はもっとゆっくりしてみたいと思いました。

タクシーに乗るほどでもなかったので、ずっと歩いて仁寺洞へ。
「古宮・仁寺洞店」で全州伝統ビビンバを食べる予定だったのですが、行ってみたら営業が終わって掃除中だったので他の店を探すことにしました。
中々思うような店が見つからず、仁寺洞ギルの終わりのほうまで来てしまいました。
見ると、昨日『ライむぎくるみまんじゅう』を買ったお店があったので、お店のおねえさんにこの辺でビビンバが食べられるお店を聞いてみました。
そして、教えてもらったのが『ボンビビンバ』。
チェーン店ですがおいしいです。とのことでした。

250
ナムルビビンバ‥ごはんとおかず(ナムル)が別の食器で出てくるので混ぜて食べます。

248
イカ石焼きビビンバ‥ちょっと辛めです。

249
プルコギトッポッキ‥今まで考えたこともなかった組み合わせでしたが以外においしい!
なるべくたくさんの種類を食べたいと思っていたので、一石二鳥を狙ったのですがこれはアタリでした。


ボンビビンバ(チェーン展開しているのであちこちにお店があります)
ナムルビビンバ     W5,500
イカ石焼きビビンバ   W4,500 W6,500
プルコギトッポッキ   W6,500 W4,500

| | Comments (4) | TrackBack (0)

北村~ソウル中央高等学校~

TEA'USで遅めの朝食を済ませ、私たちが向かったのは‥‥北村。
ドラマ『冬のソナタ』でユジンやチュンサンが通っていた高校があるんです。
ドラマでは舞台は春川でしたが、ここソウルで撮影されたそうです。

「明洞」から地下鉄4号線に乗り、隣の「忠武路」で3号線に乗り換えて3つ目の「安国」駅で下車します。
李朝時代には政府の高官や王族、貴族が居住し高級住宅地として当時の政治、行政、文化の中心だった北村(プッチョン−景福宮と昌徳宮の間の地区)。現在、北村には約900の韓屋(韓国伝統の家屋)と狭い路地が当時の姿をしのばせ、韓屋の美と趣を感じることのできる、都心の中の生きた博物館。
230
駅にもこんなレリーフがあって趣があります。

2番出口を出て山に向かって歩きます。(緩やかな坂道)
246
左側に憲法裁判所、さらに進むと宮廷料理の宮宴があり、ここまででちょうど半分位の距離のようでした。

231
大通りからわきに入る小道も趣があります。

目指す高校は歩いてきた大通りを右折するのですが、ちゃんと案内が出ていたので迷うことはありませんでした。
232
この右折した道が結構な坂道(登り&下り)でした。
この写真は、右折して少し歩いてから後ろを振り返って撮ったものですが、雪がたくさん降っていたらこんな坂道じゃ滑っちゃうよね‥って思いました。(この日も晴れてはいたのですが寒くて時折小雪が舞っていました)

234
高校のちょっと手前には『ユジンの家』があったのですが、解体されこんな姿に。

237
そしてこれが「ソウル中央高等学校」、有名私立男子校なのだそうです。
ドラマの中では、春川第一高校でした。

240
この日は土曜日で授業が行われていたのでしょう、校門は閉まっていましたがすき間からのぞいてみました。
門を入っても更に坂道、そしてその奥に校舎?が見えます。

239
高校の隣には韓流タレントグッズを売るお店がありました。
お店のおじさんは、やってくる観光客に日本語でちょこっと説明したり、カメラのシャッターを押してあげたりして、結果お店で買い物してほしいみたいです。
私たちも、シャッターも押してもらったし、冷やかし半分の気持ちでのぞいてみました。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 22, 2010

MRTサークルライン、第2期11駅が営業開始

久々のシンガネタ。。。

MRTサークルラインのBartley~Dhoby Ghaut間の営業が4月17日から始まりました。
今回開通したのはTai Seng、Macpherson、Paya Lebar、Dakota、Mountbatten、Stadium、Nicoll Highway、Promenade、Esplanade、Bras Basah、Dhoby Ghautの11駅。
Marymount~Bartley間(5駅)は、昨年5月から運行を開始しており、Marymount~Dhoby Ghautを結ぶ残りの区間(13駅)は来年の開業を予定しているそうです。

コンラッドに泊まることが多い私は、この開通を待っていたのでかなり嬉しいです
新駅「Esplanade」はサンテックの所なので、ホテルまでほんの数分で帰れます。
今までのCity Hallからだと15分位はかかっていたので、すごく画期的!
オーチャードからの帰りはバスの方が便利なのでMRTは使わないかもしれないけれど、Dhoby Ghautで北東線(ラインカラーは紫)と南北線(ラインカラーは赤)に乗り換えできるので、リトルインディア・チャイナタウン・クラークキー
・ハーバーフロントの往復やオーチャードへの往路は便利になりそうです。


最近は「ソウル旅行記」を書いているので、シンガ旅行記をお休みしていますがまだ続きがたくさんあります。
決してシンガポールを忘れたわけではありません☆
日々シンガポールへの思いは増すばかり‥。
6月に訪星したいので(6月を逃すとしばらく休みが取れそうもないので)、それまでに書き終わるのかしら???

231
MRT北東線チャイナタウン駅

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 21, 2010

朝食@TEA'US

3日目 2月13日(土)

最初の夜と同様にまた寝るのが遅くなってしまったので、当然ゆっくり起床となりました。
朝食は何か韓国っぽいもの(お粥など)と思っていたのですが、近く(Tabbyの2階)にクォン・サンウのカフェ『TEA'US』があったので行ってみることにしました。

223
Tabbyのビルの2階からも行けますが、外から入る時は1階から入って階段を上ると店の入口へとなります。

228
モーニングセットは3種類のうち、セット1(サンドイッチとコーヒ)は売り切れだったのでベーグルとコーヒーのセット2(W3,900)にしました。
ベーグルはプレーン・オニオン・ブルーベリーの3種類です。
温めてくれて、食べ易いようにカットもしてくれてありました。
モーニングセットとは別に単品でエッグタルト(W2,000)も食べました。

229
店内は思ったより広く、明るくて“おしゃれなカフェ”でした。
ローカルの方もコーヒー飲みに来ていたり、通勤途中にテイクアウトしていくかたもいました。


TEA'US
ソウル市中区忠武路2街65-9 2階
tel 02-2079-0990

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キンパ天国でお夕飯

9時半近くに「明洞Beauty&Body」を後にして夕飯を食べに行くことにしました。
本当は、昼間ガイド氏からすすめてもらった参鶏湯に行きたかったのですが、寒いので近場ですまそうということで、昨夜のりまきを買った「キンパ天国」に行きました。
明洞Beauty&Bodyと同じビルの1階なので便利でした。

215219
おでん(W2,500)&うどん(W4,000)

216217
スンドゥブチゲ(W4,000)&サラダのりまき(W2,500)

218
つけ合わせのおかず

メニューは他にもラーメンとかトッポッキとかあります。
値段もとっても手頃で24時間営業なので便利なお店です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2010

ヨモギ蒸し@明洞Beauty&Body

午後8時、今回の楽しみのひとつである「ヨモギ蒸し」の時間がやってきました。
予約したのは、『明洞Beauty&Body』。
ヨモギ蒸し専門店ではありませんが、ホテルにとても近かったのと“ヨモギ蒸し+足マッサージ”のコースがあったので決めました。
(場所は、前の晩にのりまきを買ったキンパ天国のビルの6階です。)

ヨモギ蒸しBコース(1時間10分) 60,000ウォン→54,000ウォン(ソウルナビで10%割引)
シャワー→ヨモギ蒸し30〜40分→足マッサージ30分

ヨモギ蒸しが一度に2人しかできないというので、あんみつさんと私が先にヨモギ蒸しをすることに、ねえさんは足マッサージからになりました。

シャワーを浴びたらピンクのマントを着てこんな風に座浴器に‥。
213a
だんだん温まってきて汗が‥。
想像していたより汗は出なかったのですが(もっとすごいと思っていたので)、それでも体の芯から温まる感じで、30分位で終了しました。
この汗はいい汗なのですぐに洗い流さないほうがいいので、タオルで拭き取るだけにして下さいとの事でした。

足マッサージ、体格のよい男性だったので「これは効くかも」と期待したのですが、施術中も痛くも痒くもなくて蘇先生のマッサージに慣れている私にはちょっと物足りなかったです。


明洞Beauty&Body
ソウル市中区会賢洞3街1-5 サムヨンビル602号
tel 02-775-9991

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 14, 2010

ソウルのKrispy Kremeは行列なし

ヨモギ蒸しの前のおやつ休憩は、「Krispy Kreme明洞店」へ。
東京では行列でも、ここソウルは行列なしです

211
昼食の後は何も食べていなかったので、甘いドーナツをおいしくいただきました

Krispy Kreme明洞店
ソウル市中区明洞1街59-21

ドーナツ W1,500×3
コーヒー W3,300×3

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 13, 2010

明洞聖堂マリア像~韓流ロケ地

汝牟ナル駅にてガイド氏とお別れし(乗る方向が逆だった)、私たちは明洞方面へ戻りました。
この時、夕方5時半位でした。
8時から「ヨモギ蒸し」の予約をしてあったので、それまでの時間でできることを考え、明洞聖堂のマリア像を見に行って、おやつ休憩することにしました。(夕飯が9時半位になっちゃうので)

「汝牟ナル」から乗った地下鉄5号線を途中(忠正路)で2号線に乗り換え「乙支路入口」で降り、明洞聖堂へ‥。
明洞聖堂のマリア像は、ドラマ「美しい日々」でミンチョル(イ・ビョンホン)がヨンス(チェ・ジウ)にプロポーズした場所だそうです。
せっかく明洞にあるのだから見に行ってみましょう♪とお誘いしました。
207
聖堂は韓国初の煉瓦でできたゴシック建築で史跡258号に指定されています。

205
これがその“マリア像”です。
聖堂の手前の駐車場の敷地内にあります。

明洞聖堂
ソウル市中区明洞2街1-8
tel  02-774-3890

| | Comments (2) | TrackBack (0)

63ビル展望台

この日の午後は、63ビル展望台に行く予定にしていました。
わりと好きだったドラマ「マイガール」でこの展望台がよく出てきたので行ってみたい場所のひとつだったんです
食事をしながらガイド氏とこれからの予定などを話していたら、一緒に行ってくれることになりました。

ホテルに南大門市場で買った「海苔」を置いて、明洞駅から地下鉄に乗りました。
(昨夜、T-moneyは購入しておきました)
『明洞』は地下鉄4号線、東大門歴史文化公園駅で5号線に乗り換えて『汝牟ナル』駅まで。
182
4番出口が一番近いようです。漢江沿いの大きな道路に出ると‥
181
もう見えてます。63ビルディング♪
183
こんなふうに漢江に沿って、歩いて歩いて10~15分位かかりました。(見えてるわりには遠い)
漢江の向こうには“ソウルタワー”が見えました。

地下3階~地上60階までなので63ビルなのだそうです。
展望台の他にもいろいろな施設(水族館・映画館・蝋人形館など)がありますが、今回は展望台だけにしました。
展望台のチケットは地下1階で購入し、専用エレベーターで一気に60階へ。
展望台の入場料は、W12,000ですが、私たちはガイド氏が一緒だったので割引してもらえました。

189196198
雪がちらつくような曇り空だったので、眺めは全くダメでした。
夕日が沈むところを見たかったのですが、それならば季節を選ばないと‥と思いました。

期待していたような眺めは見られませんでしたが、展望台は空いていたのでその分のんびりできました。


大韓生命63ビル
ソウル市永登浦区汝矣島洞60
tel  02-789-5663

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 11, 2010

韓国で中華料理~チャジャン麺を食す~

お腹もかなり減ってきた私たち(何しろ朝は軽くパンだったので)、参加したツアーのガイド氏と一緒にランチに向かいました。

明洞の中華料理のお店です。(一応、ガイド氏おすすめ)
私たちが食べたかったのはジャージャー麺だったので、それ以外はガイド氏に選んでもらいました。

178
手前が、『チャジャン麺(韓国式ジャージャー麺)』、W4,000。
左奥のが、『唐辛子入り野菜肉ご飯』、W6,000。
名前の通り唐辛子が入っていて‥、かなり辛かったです。
でも、ガイド氏のおすすめの一品でした。W6,000。

179
『蒸餃子』、W4,500。
野菜と豚肉がいっぱいですがさっぱりしていておいしかったです。

180_2
『台湾式酢豚』、W12,000。
何が台湾式だったのかわかりませんが、この酢豚にはナタデココが入ってましたよ。。。

チャジャン麺はこのように混ぜ混ぜしていただきます。(写真はあんみつさん撮影)
Dscn1099_501
1人一皿は食べられないかも‥。
麺の上の黒いソースがちょっとこってりしつこいかもしれません。
数人でシェアするのが


恭喜面館
ソウル市中区忠武路1街22-13
tel  02-778-8863

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 04, 2010

桜がキレイに咲きました

桜がキレイに咲きました
日曜日なのに出勤です。
満開の桜を見ながら駅へ向かいました。

毎年この季節は決算業務で忙しいのでゆっくりお花見なんてできませんが、通勤時に少しだけ足を止めて桜を眺めています。

そういえば…ソウル(ヨイド)の桜はもう咲いたのでしょうか?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »