« 0811シンガポール(アート・ハウス) | Main | 0811シンガポール(ビクトリア・コンサートホール&シアター) »

May 01, 2009

0811シンガポール(ラッフルズ卿上陸記念の地)

2008_1124_121753aaエンプレス・プレイスビル裏手のシンガポール川沿いに、白いラッフルズ像があります。
1819年1月28日に、サー・トマス・スタンフォード・ラッフルズが上陸した地点です。
イギリス東インド会社の書記であったラッフルズ卿は、中継港建設の場所を探して、ここに上陸したのでした。
彼はこの島をその場所と決め、シンガプーラを英語風のシンガポールに改め、都市計画の図面を引き、無関税の自由港政策を定めて、シンガポール繁栄の基礎を築きました。
このラッフルズ卿こそ、現代シンガポールの父なのです。

2008_1124_121851aa川の向こう側は、ボート・キー(Boat Quay)と呼ばれる人気のディナーエリアです。
1960年代はシンガポールの活気ある港でしたが、現在では建ち並ぶショップハウスにレストラン・カフェ・バー等が入っていて、殆どのお店では川沿いのテーブル席で楽しむことができます。
夜はキレイです。

|

« 0811シンガポール(アート・ハウス) | Main | 0811シンガポール(ビクトリア・コンサートホール&シアター) »

旅行・地域」カテゴリの記事

シンガポール」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 0811シンガポール(ラッフルズ卿上陸記念の地):

« 0811シンガポール(アート・ハウス) | Main | 0811シンガポール(ビクトリア・コンサートホール&シアター) »