« February 2009 | Main | April 2009 »

March 2009

March 29, 2009

カルカッタでランチ

WBCで日本が優勝を決めた翌日、あじゃみんさんがランチにカレーを召し上がったというのを見てカレーが食べたくなった私‥。
そこで、西葛西のカルカッタに行ってきました。

平日のランチはリーズナブルでおすすめです!

Sn3f0004B Lunch (\860)です。
カレー、タンドリーチキン(半サイズ)、サラダ、ナンorライス、紅茶
カレーは3種類の日替わりの中から一つ選べます。
昨日は、チキン・フィッシュ・ダール豆の3種類でしたが、私が選んだのはフィッシュカリーです。
魚はメカジキだったのですが、すごくおいしかったです。
以前は、チキンカリーばかり食べていたのですが、この頃は他のカレーのおいしさにも気づき始めています。
辛さも選べるようになっていたので、ノーマルにしました。(ちなみに、マイルド・ノーマル・ホット1・ホット2‥と辛くなっていきます)
あんまり辛さを感じなかったので、次回はホット1でもいいかもって思いました。
ドリンクは、ラッシーでもいいよって言われたので、ラッシーにしていただきました。

Sn3f0005北口ある本店(北インド料理)に行きました。
お店はビルの1階で外観はこんな感じ、2階にはインドの食材を扱うショップもあります。
ランチは11:00~14:30、13:45頃に入店したのですがその後にいらっしゃるかたも結構いました。
近くにお勤めのかたで12:00~は混むそうです。
12時前に入店するか、ちょっと遅めにするのがよさそうです。


SPICE MAGIC CALCUTTA
(本店)北インド料理
東京都江戸川区西葛西3-13-3

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 25, 2009

先輩をシンガへご案内~レイ・ガーデンのJCBスペシャルメニュー~

レイ・ガーデン、ぜひ行きたいレストランの一つです。

実は、11月の訪星時にあじゃみんさんとエクイノックスでディナーもご一緒したのですが、その時にどこにしましょうか?と相談していて候補にあがっていたもう一店がこのレイ・ガーデンでした。
一人じゃこういう高級中華は食べないからいいですね、なんて話もしていて、結局その時はイクイノックスに行ったのですが(イクイノックスもとってもステキでしたよ)、その時から何となくレイ・ガーデンが頭の片隅に居座っていました。
そこで今回、先輩とご一緒するにあたり”レイ・ガーデンでのディナー”を実現させようと思います。
と言っても二人では注文できる数も限られてしまうのでう~んどうしよう‥と思っていたらふと思い出したJCBスペシャルメニュー♪
たしか2名以上からOKだったはず‥と調べてみました。


おひとり様S$75(税金・サービス料込み)のスペシャルメニュー

北京ダック
カニ肉と鶏肉入り濃厚スープ
焼いたエビ
豆腐と魚の煮込み
揚げたスペアリブ・ハチミツソースと湯葉
茹でた季節野菜と干しホタテ
オリーブと豚ひき肉入り炒飯
マンゴープリン


普通にオーダーしたらこんなに種類食べられません。
税サ込でS$75っていうお値段も魅力だし、北京ダックも入っています。

レイ・ガーデンのあるチャイムスは雰囲気も素敵なので(特に夜はきれいです)、きっと先輩にも気に入っていただけると思います。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 22, 2009

先輩をシンガへご案内~フライトを考える~

この前、SQ(シンガポール航空)の運賃を検索していた時には、フルフレックス料金で30万円超えなんていうあり得ない金額しか出てこなかったのですが、さっき検索したらなんとフレックスセーバーが出てました。

検索した便は往路はSQ637、復路はSQ638(どちらもA380です!)ですが、運賃は57,000円でした。
それに燃油サーチャージ等(だいたい13,000円位)が加算されるので、合計で70,000円位になります。
調べていたら、4月1日以降のサーチャージは片道4,000円なので日系(JAL・ANA)より高いことが判明しました。
日系は片道1,500円です。今までは日系のほうが高かったのに今度は逆転なんて‥こんなこともあるんですね。

この前調べたJALは、土曜日に現地滞在が条件の「午前発Web悟空3週末ステイ」で37,000円。
それに燃油サーチャージ等が8,000円弱なので、合計45,000円位です。
「午前発Web悟空14」だと、運賃が55,000円なので合計63,000円位になります。

JALの37,000円はすごく魅力です。
でも、SQも捨て難いですよね‥。
往復A380、乗ってみたいなぁ‥
搭乗した瞬間からシンガ気分を味わえるのも楽しいですし‥
機内食もおいしいし(アイスクリームはフォションだし)。


どちらにも利点があるので悩みます。
でも、その悩みも楽しいんですよね。
旅行は行く前にあれこれ考えている時が一番楽しいのかもしれません。
どうするかは先輩のご希望も聞いていっぱい悩んで考えて決めようと思います。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 21, 2009

先輩をシンガへご案内~何を食べるか考えてみる~

今度と言ってもまだ先ですが、先輩と一緒にシンガポールへ行くことになり、毎日いろいろなことを考えています。
どこを見て回ろうか‥というのももちろんですが、おいしいものがたくさんあるので限られた日数で何を食べるか?が重要&楽しみです。

さて、今回は3泊5日での訪星を考えています。
ホテルはコンラッドを予約したので、朝食はオスカーズの美味しい朝ごはんが待っています。
往路はシンガに夕方着の便、復路はシンガを夜発の便の予定なので、到着した日の夕食からシンガでご飯が食べられます
最終日も夕食を食べてから空港へ向かえます。

先輩もこのブログを見て下さっているので、“食べたい物リスト”でも作ってみましょう♪

2008_0325_202243aa2008_1121_200004aaまずは、ホッケンミー。
黄色い太麺にビーフンなどを合わせ、エビやイカなどと一緒に炒めた塩味の焼きそばです。
左はコピティアム(スイソテル)のホッケンミーで、右はフードリパブリック(サンテック)です。
値段はコピティアムが3倍位高いですが、ホテル内レストランであるということと、わりと静かな店内なのでゆっくりできるので気に入っています。
味はどちらもおいしいです。
2008.11当時、コピティアムはS$15、フードリパブリックではS$4.8でした。

2008_0324_134302aaインド料理のビリヤニです。
スパイスが入った炊き込みご飯のようなものです。
これはリトルインディアのテッカセンターで食べました。
チキンとマトンとフィッシュがありましたが、私が食べたのはチキンです。
2008.03当時、S$4でした。

2007_0324_122357aaインド系では、ここもわりと良かったかも。
Broadway Hotelの1階にあるデリーのランチセット(これはノンベジ)、2007.03当時S$5.9でした。
カレーが3種類とライタ、ナン、パパド等がセットになっていました。
ベジ用のランチセットはS$4.9でした。
リトルインディア散策は暑いので、レストランの冷房が嬉しかったです。

2008_0322_124653aaチキンライス(海南鶏飯)、これはフードリパブリック(ウィスマ)です。
スペシャルミールセットでS$6(2008.03当時)でした。
チキン・ご飯・スープ・青菜(青梗菜のオイスターソース)がセットだったのですが、チキンの量が多過ぎなくていいと思いました。

2008_0323_124956aaラクサです。
ココナッツミルクベースでエビなどの出汁を使ってチリも効いていて不思議な味のスープです。
思っていたよりもマイルドでおいしかったです。
麺は太めで、短め。
私が食べた「328カトンラクサ」では箸ではなくレンゲで食べます。
2008.03当時、S$3でした。

2008_0325_133744aaプラタです。
プラタとは、インド風パンケーキとガイドブックでは紹介されています。
これはチーズプラタで、生地にチーズを混ぜて焼いてあります。
インド系の料理なので、カレーが一緒に付いてきます。
2008.03、フードリパブリック(ウィスマ)でS$2.5、一緒に飲んだテ・タリS$1.3(ミルクティー、コンデスミルクが入っているので甘くておいしい).

2007_0326_175944aa2008_0323_161224aaホテルでのトラディッショナルなアフタヌーンティーもおすすめ。
左は、コンラッドホテルのロビーラウンジでいただいたウェスタンスタイルのセット(2007.03当時S$22)。
このセットの他にスコーンが一皿(3個位)と焼きたてのスフレがつきました。
飲み物は相当数の種類から選べました。紅茶はロンネフェルトだったし!
味もおなかも満足でした。
右はマンダリンオリエンタルホテルのアクシス・バー&ラウンジでいただいたもの。
飲み物はコーヒーか紅茶の選択肢しかなかったのが残念でしたが、眺めと雰囲気はとってもステキなラウンジでした。
2008.03当時、S$24。

2004_0925_165345aaおやつには「カヤトースト」。
カヤトーストとは、トーストにカヤジャム(ココナッツミルクと卵、砂糖をまぜたジャム)とバターを挟んだものですが、この写真はヤ・クンというお店のものでトーストがカリカリに焼いてあるのでお気に入りです。
お店によって、トーストがもっと厚いとかふわふわとか違いがあります。

2008_0322_004245aaブンガワン・ソロで買ったマレー菓子。
手前がクエ・ラピスと言ってバームクーヘンのようなもの。
奥の緑色のは、パンダンシフォン。パンダンリーフがほのかに香るシフォンケーキです。
ブンガワン・ソロには他にもいろいろな種類のマレー菓子があるので食べてみたいです。

2008_0325_205757aa_2これを忘れてはいけません。
マンゴープリンです。
お店によって味もいろいろなので食べ比べも面白いかもしれませんね。
これはコピティアム(ソイソテル)のもの、2008.11当時でS$5.5でした。

2008_1122_225549aaエッグタルトです。
これはチャイナタウンの東興で買いました。2008.11当時、1個S$1.3でした。
チャイナタウンの別の店、良辰美點でも買ったのですが東興よりちょっと小さくて1つS$0.9でした。
買ってすぐ食べてしまったので写真がありませんが、私は良辰美點のほうが好みです。


あと、前に行った時にも写真を撮っていないのですが、レイ・ガーデンで中華ディナーもいいですね。
ちょっとおしゃれな感じの北京ダックをぜひ先輩にも食べていただきたいと思います。
チャイムスなら雰囲気も素敵だし、ディナーの後にラッフルズのロングバーっていうのもアリかと思案中です。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

March 18, 2009

パスポート更新しました

新しいパスポートに更新しました。

申請は3月9日(月)に行い、昨日受領してきました。
今度のは「IC旅券」、手数料は今までより1,000円アップの16,000円になりました。(10年用)
冊子の真ん中にICチップなんかが格納されたカードが組み込まれているので、今までより2ミリ位ですが厚くなっています。
帰ってきてから気が付いたんですが、今まで使っていたパスポートカバーが入らなくなりました。
2ミリ厚くなった為だと思いますが‥。
カバーはかけておいたほうが何となく安心なので、新しいカバー買わなくては‥。

何はともあれ、これでまた旅行に行かれます。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 17, 2009

0811シンガポール(ゲイラン・セライでナシ・パダン)

2008_1123_150724aa2008_1123_150822aa2008_1123_150810aaさて、ホテルの移動も無事に終わりホッと一安心。
この後はあじゃみんさんとマレー関係にご一緒します。

待ち合わせはMRTのPaya Lebar(パヤ・レバ)駅、ホテル最寄りのDhoby Ghaut駅からだとCity HallでEW線に乗り換え5つ目になります。
MRTが郊外に行くと駅が地上にあることをすっかり忘れていた私は、駅のホームで待ち合わせしましょう♪なんて言ってしまい、暑い中お待たせしてしまいました。
駅をでてSims Avenueをちょっと歩くと何やら大きく派手な会場のようなものが見えてきました。
中に入ってみるとこんなものたちが‥。
なんか仏教のお寺の行事が行われるようです。

2008_1123_155049aaそして、そのお隣あたりにあるGeylan Serai Marketへ。
せっかくなのでマレーなご飯を食べましょう♪ということで、混んでいるお店に並びました。
SINAR PAGI NASI PADANGという名前のようです。
Since 1966って書いてあるので、もう40年以上も営業しているってこと?ですよね。
お店は他にもあるのですが、このストールは人の列が途切れません。
やっぱり美味しいお店は行列なんですね。

2008_1123_152502aa2008_1123_152750aaナシ・パダン、初めてだったので、ローカルの人達の注文の仕方を見て、そしてあじゃみんさんの注文の仕方を真似しました。
と言っても、並んでいるいろいろなおかずの中から食べたい物を指さすだけでOKなんですけれど‥。
チキンカレー・野菜の炒め物を2種類・ウズラの卵(ちょい辛に煮てある)をご飯にのせてもらって、S$5.5でした。
ローカルの皆さんはチリを追加したりしてましたが、私はチリはなしで‥。
味はおいしかったですよ。
辛さも激辛ではなく、私にはちょうどいい辛さだったのでおいしくいただきました。
スイカジュースはあじゃみんさんにごちそうになりました。
スイカジュース、なぜこんなにおいしいのでしょう!
暑さと辛さによく合います。日本でも飲めるといいのに‥。

| | TrackBack (0)

March 14, 2009

0811シンガポール(ランデブーホテルのお部屋)

2008_1123_132332aa2008_1123_132341aaエレベーターはルームキーを差し込まないと行先階が押せないのようになっています。(コンラッドもそうでしたが)
一応安心です。
そして、ベルのお兄さんが押したのは10階のボタン。
あ~やっぱり10階なんだ‥淡い期待がちょっとアップしました。
ドアを開けるとHPで見ていたDeluxe Roomの写真よりきれいな部屋がそこにありました。
後でホテルのサイトで見てみたら、Plaza Club Roomとそっくりでしたよ。
広さはコンラッドに比べると狭いですが一人なら十分。
もしこれでツインベッドだとちょっとキツイかもしれません。
窓も小さいけれど部屋が思ったよりも明るいのでOKです。
テレビはSAMSUNGの32型液晶テレビ、この部屋の広さならこれで十分です。
ブラウン管のテレビじゃなくてよかった‥。

2008_1123_132431aa2008_1123_132616aa窓を背にして撮りました。
扉を開けると、左からミニバー&冷蔵庫、クローゼット、セフティーボックスが隠れています。
薄っぺらいけれどバスローブもあるし、使わなかったけれどアイロンもあります。
クローゼットのハンガーもきちんとしたものが用意されていてるのでいいです。

2008_1123_132057aa2008_1123_132133aa部屋へ入るとすぐ左がバスルームです。
右にはシンク、正面にトイレ、左手前にガラスで仕切られたシャワーブース。
トイレはTOTOのウォッシュレット、便座も温かくできるのが良かったです。
そこで、気が付きました。あれっバスタブがない!
このホテルに以前泊まったかたのお話ではバスタブあったんですが‥。
お部屋はリノベーションが済んだばかりのようなので、その時にシャワーだけになってしまったのかもしれません。
持参したバブを入れてゆっくりするのが好きだったので、ちょっと残念です。

2008_1123_132116aa2008_1123_132149aaアメニティは、歯ブラシ・かみそり・めんぼう・サニタリーバッグ・シャワーキャップ・石けん・ボックスティッシュがシンクにありました。
シャワーブースには、シャンプー・ヘアコンディショナー・シャワージェル・ボディローションが。
ドイツ製と書いてありましたが知らないブランドでした。
使っていないので使用感は不明です。

2008_1123_133310aa2008_1123_133246aa2008_1123_133252aa部屋は、ブラス・バザー・ロードとベンクーレン・ストリートの交差するあたりの部屋だったようです。
なので、窓からの眺めも左にはブギス方面が、正面よりちょっと右にはエスプラネードやセント・アンドリュース教会が、右にはシェントンウェイの高層ビル群が見えました。

思ったよりもよさそうな部屋で安心しました。
今日から3泊、この部屋でお世話になります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2009

0811シンガポール(ランデブーホテル到着)

2008_1123_130910aaこれから3日間泊まる「ランデブーホテル」に到着しました。
コンラッドに比べると部屋数は半分位じゃないかと思いますが、ロビーもコンパクトです。
12時ちょっと過ぎだったのですが、まだチェックアウトをしているお客さんがいたので待っていました。
すると、フロントデスクとは離れた所にいたManagerの男性がやってきてチェックインの手続きをしてくれました。

2008_1125_175137aa手続きをしてくれている間にまわりを見回してみると、中庭(まるでパティオ)を取り囲むように建物が建っています。
中庭にはこんな球が‥風水で縁起でもいいのでしょうか?
そんな事をしているうちに、お部屋が決まったようでアサインされたのは1012号室。
1012ってことは10階?
私が予約したDeluxe Roomは7~9階って書いてあったのですが。
もしかして、ここでも上のカテゴリーのお部屋に泊まれるのかも!淡い期待が‥。

ベルのお兄さんにスーツケースを持っていただいて一緒にお部屋に向かいました。


Rendezvous Hotel Singapore
9 Bras Basah Road

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 11, 2009

0811シンガポール(コンラッドとお別れ)

3日目、11月23日(日)

2008_1123_083519aa2008_1123_083533aa一度、目が覚めたのが7時半頃だったのですが、外を見るとまだちょっと薄暗かったので写真だけ撮ってもうちょっと寝ることにしました。
シンガポールの朝は明るくなるのが遅いです。
日本のような四季がないせいか明るくなるのがいつもこの位の時間のような気がします。

2008_1123_111524aa2泊したこのホテルともお別れです。
エレベータホールからのこの眺めも見納め、今日もマーちゃんは勢いよく水を吐いています。
記念に一枚撮っておきましょう♪
オスカーズで朝食を済ませ、荷物をまとめます。
チェックアウトも時間ぎりぎりにすればいいやなんて思っていたので、少しのんびりして11:45頃にフロントに降りました。
チェックアウトもすぐ済んでタクシーに乗ったのですが、運転手さんに「このホテル嫌いなの?」と聞かれました。
「嫌いじゃないけれど、料金が高くて‥。これから行くホテルはもっと安いのでその分長く泊まれるから移動するの。」なんて答えたことがきっかけで、その運転手さんとはランデブーホテルに着くまで楽しくおしゃべりしました。

シンガは一方通行が多いので、近そうに見えてもランデブーまで約10分。
タクシー代はS$13.04でした。(S$14でおつりはチップに)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

0811シンガポール(クリスマスツリーコレクションVol.1)

今日(11月22日)出会ったクリスマスツリー達です

2008_1122_111052aaまず一つ目は、City Link Mallのクリスマスツリーです。
背が高いツリーでした。
朝、リトルインディアに出かける時に撮ったので電飾などは何も光っていませんでした。
どうなんでしょう、夜になったら光るのかしら‥?
写真を撮っている人は他には見えず、ローカルの皆さんは足早に歩いていたので、写真を撮るのはちょっとだけ恥ずかしかったのですがきれいなツリーですからいいですよね。
Mallのどのへんにあったかというと、もうわりとシティホール駅に近いあたりだったと思います。

2008_1122_211510aaこれは、蘇先生のマッサージが終わってタンジョンパガー駅までの途中のInternational Plazaのロビーにありました。
先生の所からタンジョンパガー駅まではもっと近い道があるのですが、私はタンジョンパガープラザの前を通り、アマラホテルの前を通り、Mホテル前を通って駅に行く道が好きなんです。
オフィスビルのインターナショナル・プラザ、いつもなら足を止めることもありませんが今夜はツリーに呼ばれてしまいました。

2008_1122_215853aaちょっと暗いのですが、これはCity Link Mallからサンテックのコンベンションセンターに入る入口にあったツリー。
外にあったので写りがイマイチでスミマセン。
ここはけっこう人がいて(写真を撮る人も)、順番待ちみたいな感じでちょっと待ってました。
ローカルの若者たち(男子だけのグループも)が多かったです。
赤いリボンがきれいでした。

2008_1122_220348aa今日の最後のツリーは、コンラッドの入口のツリーです。
ロビーにあるベアツリーに比べるとコンパクトです。
コンベンションセンターから道路を渡ったほうにある入口にありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2009

0811シンガポール(蘇先生)

2008_1122_205408aa_2あじゃみんさんとのmezzateaの後は、タンジョンパガーへ向かいました。
そう、タンジョンパガーといえば蘇先生!18:00から予約をしていました。
いつもと同じBody+Foot(90分)のコース(+カッピングも)だったのですが、この日は予約がいっぱいで先生も忙しかったようです。
全身マッサージとカッピングは蘇先生に施術していただいたのですが、その後の足マッサージはお弟子さんに変わりました。

いつものことですが蘇先生のマッサージはリラックスなんていうものとは程遠く痛いのですが、終わった後は体が軽くすっきりします。

マッサージが終わった後、先生の奥様といろいろ話をしていたのですが(奥様の頼先生も中医なのです)、頼先生はハリもできるということがわかりました。
もちろん頼先生もマッサージはお上手です。
滞在中にもう一度予約をしたので、その時には頼先生がハリをうってくださることになりました。

次回は明後日(11月25日14:00~)、あじゃみんさんとの70階ディナーの前です。

2008_1122_225549aaチャイナタウンの東興(Tong Heng)でエッグタルトを買いました。
1個S$1.3、日本円にすると80円位でしょうか。
このお店、エッグタルトが人気だそうです。
おいしかったです。


Ancient Chinese Wellness Centre(古方推拿保健中心)
70A(2nd Floor) Tanjong Pagar Road

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2009

★次回の訪星の予定★

次回の訪星が決まりそうです♪

会社の先輩とご一緒する話がでています。
久しぶりの海外旅行だという先輩と「どこに行きましょうか?」という話になった時、「もしもよければ私がご案内できるシンガポールはいかがでしょうか?」と提案しました。
すると先輩から「シンガポールはごみのないきれいなところと聞いていたので行ってみたかった」という嬉しいお言葉をいただきました
なので、そう遠くないうちに行きますよ!シンガポールへ。

そうと決まれば、“先輩をシンガへご案内プロジェクト”が始動です。

フライトはどうしよう?体への負担を考えて、深夜着のUAとNWは×。
やっぱり夕方到着して、普通の時間にお夕飯が食べられて、ゆっくりお風呂に入って、日本と変わらない時間にベッドに入れる午前発の便がいいかと思います。←私もこの時間が好きなので。
そうすると日系(JAL・ANA)かSQなのですが、SQは値段が高すぎて無理(エコノミーのフルフレックス料金で30万超え、ありえません)
JALはWeb悟空3週末ステイというエコノミー割引運賃が発表され、これだと運賃が37,000円。
それに燃油サーチャージ(3,000円)・成田の空港使用料(2,040円)・チャンギの空港使用料(S$21)・航空保険特別料金(600円)を加えてもトータルで45,000円弱位です。
11月に行った時は、78,000円位払ったのでこの金額がすっごく安く感じます。

そして、ホテル。
やっぱり慣れているからコンラッドに泊まりたいなぁと思い早速ホームページをチェック。
このホテルは金土の宿泊は安くて日~木は高い、と思って(今まではそうだったので)、いけそうな日程で金曜日から3泊で調べてみました。
でてきた結果は、やはり金土より日曜はS$90も高い料金でした。
3泊分の料金も一人だったら考えちゃう金額でした。
ふと検索画面に表示されたカレンダーを見ると、私が検索した金曜日からの3日間の中の土曜日がその月で最もお得に泊まれる日と書いてあったので、試しに土曜日からの3泊で検索しました。
すると、3泊でS$200も安い料金がでてきました。
金土日と土日月で検索したのでどちらにも土日は入っているんですが、なぜか日々の料金も違っていました。
この値段だったら、オスカーズでの朝食付きだし(別途払うとS$45らしいので)いいかも‥って思いました。
JALのWeb悟空3週末ステイは土曜日の現地滞在を含むことが条件なので、これもクリアできます。

いろいろ考えるのはとっても楽しいのですが、今日はこの辺で‥

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2009

0811シンガポール(mezzatea@mezza9)

リトルインディア寺院巡りを終えた私は、一度ホテルに戻りシャワーを浴びて身支度を整えてあじゃみんさんとの待ち合わせのグランドハイアットへ向かいました。
ブログやメールで交流させていただいていたとはいえ、実際にお目にかかるのは初めて‥女性同士ですけれどちょっとドキドキします。

2008_1122_155336aaあじゃみんさんとの待ち合わせは14:30、グランドハイアットの『mezza9』というその名の通り中2階にあるレストランです。
ホテル1階からメザニン階へは、螺旋階段を上ります。
階段を上がりきったところにある受付で、友達のあじゃみんさんが予約しているのですが‥と告げると席に通されました。
あじゃみんさんはまだいらしていない様子‥。
ちょっとドキドキしながら到着を待ちました。
そして、あじゃみんさんご到着♪
初めこそ何となくぎこちない感じでしたが、すぐに打ち解けて話もはずみました。
私たちが座ったのはこのようなテーブル席でしたが、ソファの席(4人とか用)もありました。

2008_1122_155739aa2008_1122_155650aa2008_1122_155810aaこの日は土曜日で、土曜日だけ行われる「mezzatea」をいただきました。
軽いお食事系とスイーツがビュッフェでいただけます。

2008_1122_155700aa2008_1122_155708aa2008_1122_155316aaたくさん食べられる胃袋もないので、この位の種類でも十分でした。
写真に撮らなかったのですが、お味噌汁があってけっこうおいしかったですよ。
具の入っていないmiso soupがあり、好みで具を入れるようになっていました。(たしか、ワカメとネギだった?)
もしかしたら、スープは日替わりかもしれません。たまたまこの日はmiso soupだったのかも‥。

気がつけばもう17時近くになっていたと思います。
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
明日の約束をして(明日は、ゲイラン方面でマレー関係)お別れしました。


mezzatea @ mezza9
mezza9 takes your Saturdays to a new height. A modern high tea concept featuring the best of mezza9. Every Saturday from 12:00 noon to 5:00 pm.
Price is $35.00++ (adult) and $22.00++ (child).

Grand Hyatt Singapore
10 Scotts Road

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 02, 2009

0811シンガポール(寺院の門前)

2008_1122_125334aa2008_1122_125403aa寺院の門前には、ヒンドゥー教のお供えに欠かせない花飾りなどを売るお店(露店)があります。
ジャスミンがいい香りです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

0811シンガポール(Sri Veeramakaliamman Temple)

2008_1122_125347aaスリ・ヴィラマカリアマン寺院は、1881年、インド・ベンガル地方から移住してきた労働者によって建てられたヒンドゥー寺院です。
ゴープラムの彫刻はたいへん細かく華やかです。
また周囲の壁は紅白の縦縞模様になっており、とても興味深い建物です。

2008_1122_130342aa2008_1122_130456aa熱心な信者のかたが訪れています。
右の写真に写っている僧侶のかたは、前回と前々回にこの寺院を訪れた時にもいらっしゃいました。
過去の記事にも写っています。

2008_1122_130538aa2008_1122_130002aa2008_1122_130043aa寺院内には、ヒンドゥー教の二大主神であるシヴァ神やヴィシュヌ神をはじめ、シヴァ神の妻で力の女神であるカーリー神など、8体の神様が祀られています。
ヒンドゥーにはたくさんの神様がいるのですが、なかなか覚えられません。
もっと神様を知っていたら、更に興味深く見ることができると思うのですが‥。
次回、訪星する時は今回より少しでも知識を増やしてこようと思います。

2008_1122_130848aaゴープラム(高門)のアップです。
リトルインディアで既に見た、スリ・ヴァタパティラ・カリアマン寺院とスリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院のゴープラムよりも色彩は落ち着いていて地味ですが、彫刻も美しくきれいです。
太陽があたっているせいか、少~しキラキラしています


Sri Veeramakaliamman Temple
141 Serangoon Road

| | TrackBack (0)

0811シンガポール(Angullia Mosque)

2008_1122_124455aaアングリア・モスクはインド系回教徒のモスクです。
インド、ムンバイ出身のモハメド・サレ・ユソツ・アングリアによって、1890年から1898年の間に建立されました。

商人として成功したモハメド・サレ・ユソツ・アングリアは、シンガポールの北インド人社会において重要人物でした。
1904年に亡くなった後もアングリア家はインド系回教徒のため、モスクの管理に努めています。


Angullia Mosque(Masjid Angullia)
265 Serangoon Road

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2009

マーちゃんに落雷~たてがみと右耳を「けが」~

昨日2月28日午後4:30、マーちゃんことシンガポールのマーライオンに落雷がありなんとマーちゃんはたてがみと右耳にけがをしたそうです。

雷を伴う豪雨が降っていたそうで、落雷時にマーライオンパークには観光客を含む20~30名がいたそうですが、けが人はなかったそうです。(マーちゃんを除いて)


2009030100000029jijpintview000今日には周囲にやぐらが組まれ、補修作業も始まったということです。

マーちゃん、早く元気になるといいですね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »