« JAL燃油サーチャージ4~6月期に最大92%引き下げると発表 | Main | 0811シンガポール(福寿堂) »

February 22, 2009

0811シンガポール(千燈寺院)

08年11月のシンガ旅行記、久しぶりに再開です。
いったいどこまで書いたのかというと、2日目のオスカーズでの朝食までなんです。
2008年11月22日(土)に戻り、いざ出発です。

2008_1122_114104aa10:00にホテルをでてMRTにてFarrer Park駅へ。
まず、初めに向かったのはRace Course Rd.沿いにある『千燈寺院』、タイ仏教とシンガポール中国仏教が調和した寺院で正式名をシャカ・ムニ・ブッダガヤ寺院といいます。
道路の向かい側から撮ってみました。
いつも近くからしか見ていなかったので、こうしてちょっと離れてみるのもたまにはいいですね。
建物の入口は、虎とライオンが両側を守っています。

2008_1122_114923aa_21927年、タイからの僧、ブティーサーサラ師によって建立されました。
中には、高さ15m、重さ350トンの極彩色の仏像が‥。
仏像のまわりに1080個もの法灯が巡らされていることから、千燈寺院の通称が付いたそうです。
写真には写っていないのですが、この仏像の台座部分には仏陀の世の重要な行事を描いたフレスコ画があります。
またこの仏像の裏手には、小部屋がありその中には寝釈迦仏がありますが写真はNGです。


Sakya Muni Buddha Gaya Temple(釈迦牟尼菩提迦耶寺院)
366 Race Course Road.

|

« JAL燃油サーチャージ4~6月期に最大92%引き下げると発表 | Main | 0811シンガポール(福寿堂) »

旅行・地域」カテゴリの記事

シンガポール」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 0811シンガポール(千燈寺院):

« JAL燃油サーチャージ4~6月期に最大92%引き下げると発表 | Main | 0811シンガポール(福寿堂) »