« 新しい上司 | Main | 中国江南(蘇州:精進料理の昼食) »

November 15, 2007

中国江南(蘇州:寒山寺)

2006_1231_124044aa2006_1231_124423aaシルク研究所からバスで10分、11:40に寒山寺に到着しました。
今夜の年越しイベントでも訪れますが、昼間の寒山寺も見ておこうというわけです。

梁代の天監年間(502~519年)に創建された臨済宗寺院で、当時は妙利普明塔院という名でした。
寒山寺と呼ばれるようになったのは、唐代のことだそうです。寒山と拾得という二人の高僧がここに住んでいましたが、寒山が住職であったことから、彼の名がついたそうです。

2006_1231_124516aa境内はこのような感じです。
日本のお寺とくらべて、“赤”が多く使われていると感じました。
巨大な蝋燭も“赤”です。
今はまだ人もまばらですが、これが夜になると‥。

2006_1231_125119aa2006_1231_130806aa2006_1231_132143aa2006_1231_130413aa_2鐘楼(写真右)では、一人5元で3回鐘を撞けます。

2006_1231_130657aa唐代の詩人、張継(ちょうけい)が「楓橋夜泊」で寒山寺を詠んだことから、広く知られるようになりました。
楓橋夜泊
月落鳥啼霜満天
江楓漁火對愁眠
姑蘇城外寒山寺
夜半鐘聲到客船

2006_1231_125553aa夜のイベントの舞台が出来上がっていました。
ここで新年の蘇州市長の挨拶があるのでしょうか‥。

寒山寺
蘇州市楓橋路24号

|

« 新しい上司 | Main | 中国江南(蘇州:精進料理の昼食) »

旅行・地域」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中国江南(蘇州:寒山寺):

« 新しい上司 | Main | 中国江南(蘇州:精進料理の昼食) »