« 中国江南(杭州:五洋賓館) | Main | 中国江南(杭州:中国茶葉博物館) »

September 17, 2007

中国江南(杭州:霊隠寺)

2006_1230_103213aa2日目、12月30日(土)です。
8:45にホテルを出発、午前中は杭州観光をし昼食後、烏鎮へと向かいます。
まず訪れたのは、『霊隠寺』です。ホテルからバスで20分位、西湖の西側・北高峰山のふもとにある古刹です。
インドの高僧「慧理」によって東晋時代326年に開山されました。
この周囲の山々を見渡した慧理が、「ここには仙霊が隠れている」と言ったことから“霊隠寺”の名がついたと伝えられています。

2006_1230_103735aaまずは、飛来峰の岩壁にある石仏を見ました。
五代から宋元までに彫られた精巧で美しく風格を持った石仏が並んでいます。(ガイドブックによってその数は338とも334とも‥)
石仏は渓流沿いや洞窟内にありますが、こんなに多く並んでいる光景はそうそう見られるものではありません。

2006_1230_104910aa2006_1230_110145aa3層屋根のついた大雄宝殿です。
ここには中国最大規模の仏像と言われる金色のお釈迦さまが輝いています。
唐代の仏像をまねて、24本の楠で彫刻し、高さは24.8mあるそうです。
大雄宝殿とは、仏教建築のひとつで中国の寺院での本堂のこと、また大雄とはお釈迦様の意味であることから、大雄宝殿はお釈迦様を本尊としています。

2006_1230_112613aa_2少し自由時間になり“羅漢堂”を見学しました。
羅漢堂の中央には、世界最大の銅製御殿(高さ12.62m)もあるそうです。
五百羅漢の中には自分に似た羅漢が一人はいる‥と言われています。


霊隠寺
杭州市灵(霊)隠路法雲弄1号

|

« 中国江南(杭州:五洋賓館) | Main | 中国江南(杭州:中国茶葉博物館) »

旅行・地域」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

Comments

お久しぶりです。
猛暑の夏は乗り越えられました?
我が家は淳ちゃん共々元気です。
まだまだ残暑が厳しくて嫌やですね。

九州?で一度磨崖仏を見たことがあるのですが
こんなにたくさんのは見たことがありません。
豪快ですね。また旅行記&写真を楽しませてください。

Posted by: shimohuri1045 | September 18, 2007 11:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中国江南(杭州:霊隠寺):

« 中国江南(杭州:五洋賓館) | Main | 中国江南(杭州:中国茶葉博物館) »