« お料理教室 | Main | ウズベキスタン(シャフリサーブスへ) »

February 18, 2007

お料理教室

2007_0218_115359aa「基本料理の会 洋風・中国風」10回目(2月)がありました。

今月の実習内容は、“ポークカツの献立~ポークカツ・コールスローサラダ・コーンチャウダー”でした。

カツレツはフランス語のコートレットが由来であり、肉に小麦粉をつけてバターでソテーしたものだったそうです。
日本では、小麦粉・卵・パン粉をつけて大量の油で揚げたものがカツレツとよばれているようです。

コールスローサラダ‥元はオランダ語で、コールとはキャベツのことだそうです。せん切りにしたキャベツをドレッシングであえたものです。

コーンチャウダー‥大鍋で煮た具だくさんのスープのことをチャウダーといいます。じゃがいもと玉ねぎは必ずはいるようです。今回はコーンが入りますのでコーンチャウダー、サンフランシスコの有名なクラムチャウダーは蛤が入っています。
チャウダーはアメリカで生まれた料理であるといわれますが、アメリカ最初の入植地であるニューイングランド地方では“ニューイングランド風”クリームタイプのチャウダー(白)、ニューヨーク・マンハッタンではイタリア系移民が多いのでトマトスープのマンハッタンタイプのチャウダーとあるそうです。
今日は、缶詰のクリームコーンを使用しましたがとても簡単に短時間でおいしくできました。

来月は、中国風の献立“えびのチリソース・棒棒鶏サラダ・春雨ときくらげのスープ”です。

|

« お料理教室 | Main | ウズベキスタン(シャフリサーブスへ) »

お料理教室」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お料理教室:

« お料理教室 | Main | ウズベキスタン(シャフリサーブスへ) »