« お料理教室 | Main | new year resolutions »

February 18, 2007

ウズベキスタン(シャフリサーブスへ)

Fh010006Fh0100079月26日(火)5日目です。
今日はシャフリサーブスを経由していよいよサマルカンドへ向かいます。

6:30モーニングコール、8:00にホテルを出発しました。ブハラからシャフリサーブスまでは約4時間の道のり、途中は一昨日のような砂漠?を走りトイレは青空トイレでした。

2枚の写真はシャフリサーブスの町にだいぶ近づいてきたところです。左はバス停です。

2006_0926_162644aa2006_0926_170603aa12:20民家レストランに到着です。
メインは“肉じゃが”、その他はいつもと同じです。肉じゃがは日本のそれとは全く違う味です‥。

13:30シャフリサーブスの観光、まずアクサライ宮殿に向けて出発しました。

シャフリサーブス‥ティムールは1336年、この地方を治める豪族の家に生まれました。若きティムールはこの地を地盤に頭角を現し、“世界の支配者”への道を歩んでいきました。広大な帝国を築いた後も彼はこの故郷を忘れず、サマルカンドのものに決して引けを取らない壮大な建築群を次々と建設していきました。“緑の町”という意味の町の名は、この頃のオアシス都市としての豊かさを物語っています。
しかし16世紀後半に、嫉妬に駆られたブハラのアブドゥール・ハーンによって、ティムールの遺産のほとんどが破壊されてしまいました。
現在のシャフリサーブスに昔日の華やかさはありませんが、その静かなたたずまいには大いなる歴史が秘められています。

|

« お料理教室 | Main | new year resolutions »

旅行・地域」カテゴリの記事

ウズベキスタン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウズベキスタン(シャフリサーブスへ):

« お料理教室 | Main | new year resolutions »