« ウズベキスタン(ブハラ:カラーン・ミナレット) | Main | ウズベキスタン(ブハラ:お皿) »

January 28, 2007

ウズベキスタン(ブハラ:ミル・アラブ・メドレセ)

2006_0925_195551aa続いて「ミル・アラブ・メドレセ」です。カラーン・モスクに面して建っています。
巨大なアーチの両脇にふたつの青いドームをもっているのがミル・アラブの神学校です。
青と白のモザイクタイルからなる植物文様と文字文様を組み合わせた装飾は、末期ティムール様式の典型的な例です。
多くの神学校のうち、ソ連時代に中央アジアで開校を認めれれていた数少ない神学校です。
現在も神学校として使われており、教育年数は7年で、試験で選ばれた学生はアラビア語、コーラン、イスラーム法などを住み込みで勉強しています。

このメドレセは、1536年にウバイドゥッラー・ハーンの資金で建てられました。
ハーンが3000人以上のペルシャ人奴隷を売って建設資金を作ったので、「このメドレセの土台はレンガと粘土ではなく、人々の涙と血と悲しみだ」と歴史家が記録しているそうです。

|

« ウズベキスタン(ブハラ:カラーン・ミナレット) | Main | ウズベキスタン(ブハラ:お皿) »

旅行・地域」カテゴリの記事

ウズベキスタン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウズベキスタン(ブハラ:ミル・アラブ・メドレセ):

« ウズベキスタン(ブハラ:カラーン・ミナレット) | Main | ウズベキスタン(ブハラ:お皿) »