« こども英会話講師養成講座~セミナー2回目~ | Main | ザクロ~ペルシャ・トルコ料理レストラン~ »

September 03, 2006

菜根譚

今年1月から菜根譚を学び始めてもう8ヶ月がたちました。

今まで教えていただいた中で私が一番好きな句を紹介します。

《中文》
風來疎竹、風過而竹不留聲。
雁度寒潭、雁去而潭不留影。
故君子事來而心始現、事去而心隨空。

《訓読み》
風 疎竹に来たる、風過ぎて竹に声を留めず。
雁 寒潭を度る、雁去りて潭に影を留めず。
故に君子は事来たりて心始めて現われ、事去りて心随って空し。

《訳文》
疎らな竹林にそよ風が吹き入ると、竹はおのずからさやさやと声を発するが、
風が過ぎ去れば再びもとの静けさに戻る。
雁が寒潭の上を飛べば、潭水に影を映し、飛び去れば潭水にはその姿を留めない。
君子の心もかくの如くで、物事が眼前に生じたとき、始めて心が活動し、
物事の完了と同時に、心もまた空虚静寂の境地に戻る。

|

« こども英会話講師養成講座~セミナー2回目~ | Main | ザクロ~ペルシャ・トルコ料理レストラン~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 菜根譚:

« こども英会話講師養成講座~セミナー2回目~ | Main | ザクロ~ペルシャ・トルコ料理レストラン~ »