« February 2006 | Main | May 2006 »

April 2006

April 29, 2006

こども英会話講師養成講座

3月終わりに『小学校英語必修化』のニュースが流れたのはまだ記憶に新しいところです。
大人になってから英会話の勉強を始め、現在も続けている私にとっては、この決定を聞いて今の子供達が非常に羨ましい限りですが‥。

私の通っている英会話スクールでは、NPO法人J-SHINE「小学校英語指導者資格」の認定を取得できるコースがあります。
昨年スクールより「どうですか?」と言われ、「子どもを教えることに興味がありません」とお断りしていたものの、最近また声をかけていただき、ひょんなことから「こども英会話講師養成講座」のコースを受けることになりました。

①指定されているコース(といっても特別のレッスンに変わるわけではなく、私は今受けているレッスンでOKでした)を受講。
②子どもに英語を教えるためのテクニックをマスターするためにスクール主催のセミナーに参加。
③セミナーに合格したら、J-SHINE認定講座で資格を取得。

簡単に書くとこのような流れで進みます。早速連休明けのレッスンからスタートしますが、レッスンも今までと同じなので特に何が変わるということはありません。
ただ、②に書いたセミナー(計3回)に参加しなければならないといけないのですが、同じレッスンを受けていたお友達も「こども英会話講師養成講座」を始めるので一緒に行けそうです。

将来、子どもを教えるかどうかは別として自分の英会話力のアップになればいいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2006

ナスカ展

2006_0426_173045aa2006_0426_173002aa国立科学博物館で開催中の『世界遺産ナスカ展』にも行ってきました。

世界8番目の不思議‥と言われている地上絵ですが、地上絵を作った人たちの文化が紹介されています。
ナスカ=地上絵 としか思っていなかったのですが、この展覧会では、当時の人々の暮らしや自然とのかかわり方など今まで知らなかったこともわかりました。

また、興味深かったのは1300年前の子供のミイラが展示されていたことです。
ミイラの保存に適している気候だそうで(乾燥している)、ペルーの博物館にはミイラがたくさん保存されているのだそうです。今回この展示会のためにその中の一体が開梱されました。
開梱の様子が映像で紹介されていましたが、足を止めて見入ってしまいました。
髪の毛・黒目などもしっかり残っているのです、1300年も前の子なのに‥。

なんと言っても一番よかったのは、「バーチャルで飛ぶ。ナスカの地上絵」のコーナーでした。
まるでセスナに乗って遊覧しているような気分になれました。
数ある地上絵の中でも【ハチドリ】は有名ですが、この地上絵は小さいほうで長さは90m位だそうです。

いつかペルーに行ってこの目で地上絵を見てみたいです。

6月18日(日)まで開催されます。
当日券1400円ですが、ぐるっとパスの割引を利用して1300円で入館できました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プラド美術館展

2006_0426_173131aa東京都美術館で開催中の『プラド美術館展』へ行ってきました。
今回は、81点の作品が展示されています。見ごたえありました。

ムリーリョの“無原罪のお宿り”等いくつか私の気に入っている作品も見られました。
プラドは、マドリッドへ旅行した時に滞在中に2回も見に行きました。
その後2002年に日本で初めてプラド美術館展が開催され今回は2回目になります。

作品保護のため、温度・湿度・照度は国際基準に従って調整されているそうで暗くて見にくかったです。
たしか、プラドではもっと明るかったし、写真もOKでした。(ストロボは×)

東京都美術館では6月30日(金)まで開催されます。
当日券1500円ですが、ぐるっとパスの割引を利用して1100円で入場できました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2006

メイクアップアドバイス会

2006_0417_210206aa“stila”のメイクアップアドバイス会がありました。
時々メイクアップアーティストが店頭にやってきて行ってくれるものですが、今回はトップアーティストである『Jason Haun』が来日しました。

どんなメイクをしてほしい、こんな色を使ってみたい、など自分の希望を伝えてメイクしてもらえます。
私は、「いつも使わない色を使ってみたい、でも会社でもOKのメイクにしてほしい」という希望をだしました。
その結果がこの写真です。恥ずかしいので右目だけお見せします。

さすがトップアーティスト!ブラシ使いが魔法みたいでした。同じようにマネしてみてもこのツヤと輝きは真似できません。

| | TrackBack (0)

April 11, 2006

ときめきの法則

フィレオというサプリメントの会社のメルマガにこんな記事がありました。
【ときめきは、最高のビタミン剤!?
憧れ以上、恋愛未満の感情が、心と体を元気にするというものです。】

日経ヘルス今月号に記事がでているというので早速見てみました。

『ときめきは元気とキレイの特効薬』

ときめきの法則‥その基本形は「あこがれ以上、恋愛未満」。
心と体に効くときめきは、さじ加減が大切。単なるあこがれでは不十分だし、
本格的な恋愛になると負荷が大きすぎる。適度で毒にならない恋心。
それがここでいう「ときめき」。

適度なときめきを感じているとき、脳の中では快感物質のドーパミンやβエンドルフィンが
たくさんでている状態。さらに気分を調整する物質セロトニンも出て、
それらをほどほどの状態に抑える役割をになっています。

ドーパミンは、ワクワクドキドキするときに増える脳内物質で、まさにときめきの“本体”。
βエルドルフィンは幸せな気分をもたらす物質で、痛みを和らげる作用もあるそうです。

また、ときめきがあると肌もキレイになると言いますが、これは女性ホルモンが増えるおかげだそうです。
肌だけでなく卵巣機能にも良い影響が‥。ストレスが原因で卵巣機能の低下を招いている人はとても多い。
ときめきは、ストレスを軽減し、卵巣が本来の力を取り戻すきっかけになる。
自律神経の安定にもつながるそうです。


いつも『凛/fireo』というサプリメントを飲んでいるのですが、
ときめきで同じような効果を得られるなんてステキですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2006

菜根譚

1月から『菜根譚』を学ぶ講座にでています。

菜根譚‥明代に洪自誠が著した人生の指南書。
儒教、仏教、道教三つの教えを融合し、前後二集からなっています。
「菜根譚」という書名は宋代の汪信民の『菜根を咬み得れば百事為做すべし』という言葉から得たもので、
菜根のように淡白に甘んじ、清貧な生活に安じて、人生を送れば困ることはない、という意味なのだそうです。

講座は台湾出身の高本康弘先生が熱心に教えてくださいます。
内容は難しいのですが、おもしろいです。
毎回、原文を中国語で朗誦するのですが中国語ができたらもっといいのに‥と思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

サクラ

Sakura1Sakura2Sakura3私の家の近所でも桜が満開になりました。
きれいです。この写真は今日午前中に撮りました。
昨日は暖かく天気もよかったのですが、今日は風があり少し寒いです。
お花見をするにはちょっと‥というお天気です。先ほどから雨も降り始めました。

私は、昨日外出した際に丸の内線四ッ谷駅(この駅は地上にあるのです)でもきれいな桜を見ました。
電車が地上にでて桜が見えた時、乗客の皆さんから「わぁ~キレイ!」という声があがっていました。

最近ブログの更新が滞ってしまっているので、この辺で気持ちも新たに旅行記の続きを書いていきたいと思います。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | May 2006 »