« December 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

January 31, 2006

春節の北京♪

春節の北京に行ってきました。

中国五千年倶楽部謝恩ツアーで、2006年1月27日(金)~30日(月)の3泊4日です。
往復JAL利用、ホテルは4☆で29,800円です。
2日目は1日観光ですが、3日目は自由行動です。北京は2度目なので自由行動があるのは嬉しいです。
行きは夕刻出発便なので、有休も1日半ですみました。

1月27日(金)JL789便(18:10発)にて北京へ、帰省される中国人のかたが多く満席でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2006

海南島(陵水:猿島)

2005_1231_174608aa国道?を利用して1時間10分、16:10に陵水に着きました。
バスを降りて、ゴンドラリフトを利用し『猿島』へ行きました。
島の中では、猿が放し飼いになっています。(もしくは野生の猿か‥?)
係の人に付いて、島の中をまわりました。
一般人は猿に襲われてしまうことがあるようです。係の人は、みな黄色い服を着ているので襲わないそうです。
お猿さんの中で「黄色=怖い」ということになっているようです。

2005_1231_173840aa2005_1231_175253aa(左)芸をするお猿もいます。
私達は、17:00からのお猿のショーを見ました。
(右)夕方だったのでお猿さんの食事時間でした。
時間になると、係員が餌をまくのですが、あちらこちらからたくさんの猿が集まってきます。

猿島で1時間半過ごした後、三亜に戻りました。
英州から高速道路を利用して、約1時間強で三亜市内(夕食のレストラン)に着きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2006

海南島(興隆熱帯植物園)

2005_1231_142330aa興隆康楽園ホテルからバスで10分程で『興隆熱帯植物園』に到着です。
ここでは、珍しい植物を見ることができました。
数十種類の植物やフルーツが栽培されているそうです。


2005_1231_144213aa2005_1231_144423aa2005_1231_144757aaバニラ(香草蘭)は600平米から僅か20kgしか採れないそうです。
写真は左から、バニラ・コーヒー・胡椒です。

2005_1231_145529aa2005_1231_151442aa2005_1231_143619aa左から、苦丁茶・カカオ・スターフルーツです。
スターフルーツはよく食べますが、木に生っているのは初めて見ました。

植物園の見学の後は、お茶やコーヒーの試飲をすることができます。
係りの女性が、バニラ緑茶・苦丁茶・コーヒー・ココナッツコーヒー・ココアコーヒー等いろいろ‥。
気に入れば隣接のお店で購入も可能です。
一般にツアーで連れて行かれるお土産屋さんよりは値段は安かったです。
胡椒(粉50g)が4元、バニラ緑茶(100g)が28元等‥。
バニラ緑茶は珍しいので私も買ってみました。
バニラの香が甘いのですが、緑茶がベースなので飲むとさっぱりとしています。

約1時間半の見学&ショッピングを終えて、15:00に陵水へ向かいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2006

海南島(興隆:康楽園ホテル)

2005_1231_135655aa高速道路を約40分走り、その後一般道を約20分で“興隆康楽園ホテル”に着きました。
ホテル内の『Oriental Kitchen』というレストランで飲茶の昼食をいただきました。

興隆は、1960年代にインドネシアから帰ってきた華僑の人たちが温泉の熱を利用して熱帯植物の栽培を始めました。
今では40000人位いるそうです。
温泉は1日8000トンものお湯が湧き出て、2つのゴルフ場(林の中・海のそば)とリゾート地になっています。

| | TrackBack (0)

January 09, 2006

海南島(黎族風情園)

2005_1231_112320aa2日目、12月31日(土)です。
9:00にホテルを出発しました。まず、『黎族風情園』へ向かいます。
海南省(海南島)は、約3.4万平方キロで九州とほぼ同じ大きさがあります。
人口は800万人でその内120万人がリ族(リ族は海南島にのみ住んでいます)、60万人がミャオ族(雲南省にもいます)、2万人が回族、その他が漢民族だそうです。
三亜の人口は約50万人だということです。
その“リ族”の民族村のような所に向かっているのです。

2005_1231_110208aa2005_1231_110247aa風情園では、上の写真のようなリ族のショーを見ることができたり、またこの2枚の写真のようにリ族の生活・習慣などに関係するものを見ることができます。

ここまでは、ホテルから高速道路(島に2つある内のひとつ:東線)を使って約50分くらいです。
約1時間の見学の後、再び高速道路で「興隆」へ向かいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2006

海南島(山海天大酒店)

2005_1231_015310AA2005_1231_015450AA海南島三亜市内の大東海に面して建つ5☆ホテルです。
ロビーは4階、レストラン・屋外プールは1階です。
私の部屋は8階の6805室、着いた時は暗かったのでわからなかったのですが、窓からは海が見えました。ちょっとラッキーでした。
部屋は広々していて床は木でしたのでくつろげました。バスルームのアメニティも充実しています。

2005_1231_091514aa朝食のレストランから撮りました。
海がすぐ前に見えます。
椰子の木もあって南国ムードたっぷりです。
プールもあります。


2泊といわずゆっくり滞在してみたいと思いました。

三亜山海天大酒店(SANYA SHANHAITIEN HOTEL)
中国海南三亜市大東海(Dadonghai Bay, Sanya,Hainan China)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2006

海南島(中国南方航空)

2005_1230_153415AA2005年12月30日、中国南方航空386便にて広州へ向かいました。初めての中国南方航空搭乗です。
この後、広州で国内線に乗り換えるので海南島の三亜に到着するのは深夜になることでしょう。
写真は機内食の「うなぎご飯」です。そうそう、機内のビールは「青島ビール」でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »