« 福建省の旅(4日目:武夷山 九曲渓下り) | Main | 福建省の旅(5日目:厦門 海鮮料理の夕食) »

February 13, 2005

福建省の旅(5日目:南靖 土楼)

2005_0101_140022AA2005_0101_131511AA2005_0101_134319AA2005_0101_135658AA厦門から西へ220キロのところに位置する「南靖」へ向かいます。ここで、客家独特の巨大建築【田螺坑土楼】の見学をします。今日の目的はこの土楼のみ。片道3時間半~4時間かかる、高速道路も途中までしかないので道は悪いです。とあらかじめ言われていました。8時30分にホテルを出発し、土楼に着いたのは12時を過ぎていました。写真の通りここには円形土楼と四角い土楼が両方あります。土楼は3階建て位になっています。ひとつの土楼に200人とか300人とかの客家の人たちが今も生活しているのだそうです。
観光客は入場料のようなものを払うので、人々も私たちが入っていってもいやな顔をせずに見学させてくれます。
ここで約1時間ほど見学をしました。静かでのんびりしていました。そうそう、土楼に宿泊もできるそうです。ただ、夏は暑く冬は寒そうです。

この後、バスで30分位戻ったところ(山をいくつか越えて)、ちょっと賑やかな町(外国人旅行者らしき人を見ました)で客家料理の昼食をいただきました。実は食べられないかもしれないなと思っていたので、朝食の時にパンをいくつかいただいて来ていたのですが、味付けもあっさりしていて思ったよりも食べやすかったです。食後ちょっと町の中の雑貨店などを覘いてバスは厦門への帰路につきました。

|

« 福建省の旅(4日目:武夷山 九曲渓下り) | Main | 福建省の旅(5日目:厦門 海鮮料理の夕食) »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 福建省の旅(5日目:南靖 土楼):

« 福建省の旅(4日目:武夷山 九曲渓下り) | Main | 福建省の旅(5日目:厦門 海鮮料理の夕食) »