« January 2005 | Main | March 2005 »

February 2005

February 26, 2005

福建省の旅(6日目:厦門 コロンス島)

2005_0102_105650AA2005_0102_100558AA早いものでもう最終日になりました。今朝は8時に出発し、フェリーで5分ほどのコロンス島の観光に向かいます。写真左はフェリーから見たコロンス島です。面積1.78k㎡の小さな島ですが、「海上の花園」ともいわれるほどきれいです。島の中は電気カートでまわりました。(少し風が冷たかったかな)建物も洋館が多くなんとなくおしゃれっぽい雰囲気です。島にはビーチ(写真右)もありました。

再びフェリーで厦門に戻り、少し早めの昼食をとった後空港に向かいました。
JL608 14時10分発で成田へ帰ります。

振り返ってみると今回もいい旅でした。見所も多く、ますます中国への興味が湧いてきました。それに何よりもステキなお仲間と一緒に旅をしたことが一番でした。またの再会を約束して福建省の旅は終わりました。次回は、九寨溝・黄龍?

| | Comments (1) | TrackBack (1)

February 13, 2005

福建省の旅(5日目:厦門 海鮮料理の夕食)

2005_0101_201542AA2005_0101_192519AA今回の旅行で一番楽しみにしていたのが、今夜の海鮮料理でした。去年、厦門で食べた海鮮料理が美味しかったので楽しみでした。
南靖から厦門へ戻り、「厦門天天漁港大酒楼」という大きなレストランへ行きました。今回の旅では何度か遭遇していますがこのレストランでも結婚式というか披露宴が行われていて店の入り口で、新郎新婦がお客様をお迎えしていました。(写真左)

お味のほうは去年ほどの感激はないものの美味しくいただきました。早いもので今回の旅も明日は最終日。
早めにホテルに戻りましたが、「コーヒーでも飲もうよ」ということになり、コーヒーを飲む人・ホットチョコレートを飲む人・ウィスキーを飲む人とそれぞれでしたが、今度はどこに行こうかとかいろいろ話がはずみました。本当にいい方達と一緒に旅ができて嬉しい!と改めて思いました。

明日はいよいよ最終日。今までで一番朝が早い出発なので寝過ごさないようにしなければ‥。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福建省の旅(5日目:南靖 土楼)

2005_0101_140022AA2005_0101_131511AA2005_0101_134319AA2005_0101_135658AA厦門から西へ220キロのところに位置する「南靖」へ向かいます。ここで、客家独特の巨大建築【田螺坑土楼】の見学をします。今日の目的はこの土楼のみ。片道3時間半~4時間かかる、高速道路も途中までしかないので道は悪いです。とあらかじめ言われていました。8時30分にホテルを出発し、土楼に着いたのは12時を過ぎていました。写真の通りここには円形土楼と四角い土楼が両方あります。土楼は3階建て位になっています。ひとつの土楼に200人とか300人とかの客家の人たちが今も生活しているのだそうです。
観光客は入場料のようなものを払うので、人々も私たちが入っていってもいやな顔をせずに見学させてくれます。
ここで約1時間ほど見学をしました。静かでのんびりしていました。そうそう、土楼に宿泊もできるそうです。ただ、夏は暑く冬は寒そうです。

この後、バスで30分位戻ったところ(山をいくつか越えて)、ちょっと賑やかな町(外国人旅行者らしき人を見ました)で客家料理の昼食をいただきました。実は食べられないかもしれないなと思っていたので、朝食の時にパンをいくつかいただいて来ていたのですが、味付けもあっさりしていて思ったよりも食べやすかったです。食後ちょっと町の中の雑貨店などを覘いてバスは厦門への帰路につきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福建省の旅(4日目:武夷山 九曲渓下り)

2004_1231_164258AA2004_1231_152117AA九曲渓下りです。
晴れてはいますが、寒いです。九曲から一曲まで9.5キロをこれから約1時間かけて竹の筏に乗って川を下っていきます。四曲あたりには、「舟棺」と言われている古代の棺がいくつも絶壁の洞窟に置かれているのを見ることができます。3400年前のものだそうです。
寒さにふるえ続けた1時間強でした。下りた瞬間みんなトイレへダッシュしたのは言うまでもありません。夏の暑い時期ならさぞかし楽しい川下りになることでしょう。

筏を下りた時には、体は芯から冷えていました。もうこのまま熱いお風呂に入りたい気分です。しかし、今日はまだまだ予定がたくさんなのです。この後、武夷宮・天心永楽禅寺を見学し、夕食のあと、国内線で厦門へ移動が待っています。

厦門航空MF8082にて厦門へ。飛行機の時間はナント22時55分。今日は大晦日、日本時間の年越しは空の上で迎えることに‥。予定通り厦門へ到着した後、ホテルへ。空港からは15分くらいで着きました。ロビーで添乗員さんから説明を聞いている時に、中国時間での年越しを迎えました。
今日と明日は悦華酒店(5☆)5216室に泊ります。今回の旅の中で一番期待していたホテルでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2005

福建省の旅(4日目:武夷山 天遊峰)

2004_1231_112752AA4日目が始まりました。今日は武夷山観光のハイライト天遊峰のハイキング、九曲渓下りが予定されています。
心配していた天気も晴れました。
午前中は、天遊峰のハイキングです。これは800段以上の階段を約1時間かけて上ります。1段1段の幅が狭かったり、また段の高さが一定ではないため少し歩きにくかったです。しかし、上りきった後に頂上から見た景色は素晴らしく疲れも忘れてしまいそうです。登りの途中の東屋から見る景色も素晴らしいものでした。歩いて上るのが大変な人のために「かごや」さんもいます。かごやさんは裏の道をつかって天遊峰へ。こちら往復の料金で200元だそうです。下りは歩きの人もかごやさんと同じ裏の道を使います。裏の道は途中で景色は楽しめませんでした。

この後一旦ホテルに戻り昼食です。午後の「九曲渓下り」は14:30~とのことで食後出発まで少し自由時間になりました。しかし、ホテルも寒くて寒くてたまりませんでした。レストランも暖房なんて効いていないですし、ホテル内のショップに冷やかしに入ってみてもこちらも寒いのなんの。
午後の九曲渓下りも、寒さが心配です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福建省の旅(3日目:武夷山 武夷岩茶)

2004_1230_192552AA2004_1231_090327AA2004_1231_093505AAその後、74年の歴史があるという「天心岩茶精製工場」へ行き、お茶の試飲をしました。5種類試飲しました。
二代目大紅袍・岩中蘭・仏手・不知春・晩甘候、やはり二代目大紅袍は美味しかったです。7~8回飲めるのですが、3回目くらいが一番美味しいとのこと。100g160元でしたので、自分用とお土産用に購入しました。

お茶工場の後、今夜の宿泊地である遠華国際大飯店(4☆)へと向かいました。
避暑地のリゾートホテルっていう感じでしょうか。夏だったら気持ちいいんだろうなあと思いました。
やはり武夷山は山なのでかなり寒かったです。建物がいくつかあり、私達は本館ではない別棟でした。
8208室、といっても8階ではなく2階です。
ちょっと休憩した後、夕食へ。今夜は「武夷山珍料理」です。きのこを使ったお料理が多くでました。このへんはきのこの産地のようです。お土産物屋さんでも乾燥きのこがたくさん売られていました。

写真は、夕食のメニューとホテルからの眺めを写したものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福建省の旅(3日目:武夷山 水簾洞)

suiren次は、水簾洞です。碧石岩景区と呼ばれる武夷山最大の景区にあり、水簾洞は、武夷山最大の洞穴です。
高さ・幅がそれぞれ100mという大きさで、洞穴の上に二つの泉がわき出ていて、その水が洞穴の前を百数十m下に落ちています。
見ごたえあります!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福建省の旅(3日目:武夷山 大紅袍茶樹)

2004_1230_151413AA2004_1230_151427AA12時50分、MF8368便武夷山行き離陸しました。武夷山までは約40分、13時20分頃武夷山空港へ到着です。
天気は生憎の雨。思ったより気温も低いし、傘持っていないので困ったな‥と思っていたら、空港に出迎えに来てくれていた現地ガイドの王さん(女性)が、傘を用意してくれていました。聞けば2日前に雪が降ったとのこと。寒いはずです。

水簾洞・大紅袍茶樹・慧苑禅寺を3時間くらいかけてハイキングする予定でしたが、悪天候のため予定が少し変更になりました。
まず、大紅袍茶樹を見に行きました。
大紅袍茶樹は、天心景区と呼ばれる風景区にあります。このあたりは武夷岩茶の産地として非常に有名なところです。岩茶は岩に生えている茶樹から採った茶葉で作ったお茶で、中でも「大紅袍」は幻のお茶といわれています。
なにしろ、大紅袍の茶樹は4本しかなく1年間で500g程しか採れないとのこと。一般人の手には入らないお茶です。
そんな4本の大紅袍茶樹は、絶壁の岩場に張り付くように生えていました。(写真左)
付近にはお茶がたくさん栽培されていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福建省の旅(3日目:福州 西湖公園)

2004_1230_102024AA2004_1230_102702AA2004_1230_105205AA3日目の始まりです。
今日は午前中は昨日に引き続き福州観光です。西湖公園へ行きました。
西湖は282年に西北の山から水を引いて作られた人工湖で、城の西に位置していたため西湖という名前になったそうです。
公園内では、太極拳をするかた・社交ダンスを楽しむかた・マージャンを楽しむかた・絵を描いている学生さん・ただ散歩しているだけのかたなどみなさん思い思いに過ごしていました。
そんな公園内を私達も1時間弱散策しました。園内には博物館・動物園・遊園地などもあるようでした。
朝の早い時間でしたのでちょっと寒かったのですが、気持ちよかったです。

この後、早めのお昼を食べて「福州国際空港」へ向かいました。
国内線(厦門航空MF8368)にて武夷山へ移動します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »