September 28, 2016

Mariさんのドキドキ☆イタリア滞在記(ヴェネツィア編)

【ヴェネツィア編】

ヴェネツィア初日は移動だけだったので、予算の都合で本島手前に宿泊です。
だってね、宿泊費が3倍ぐらいなんですよ、本島は!

駅からちょっと歩いて15分ぐらい、でも安い割にはスタッフも優しくてOK?
で部屋へ入ったら・・・エアコンが無かった!
まだ日中は暑さの残るイタリアで、扇風機はあったものの
暑くて暑くてほとんど眠れませんでした。
そしてその時に、Mickieさんにメールしたので、やたらと早起きだったのです(笑)

話は少し戻り、夕食は本島で食べる予定で駅まで夕日が照る中15分歩き、駅へ着いたのは17:30頃。
なんとチケットセンターが閉まっているっ!!
思わず「仕事しろよ、イタリア人。」と日本語で呟いてしまいました。

結局ホテルまで戻り、往復のバスチケットの近所で購入し本島へ。
そうしたら・・・本島はチケットセンターが開いている!

往復のバスチケット買ったけど、水上バスにも乗りたいし、結局72時間券を買いました。
手持ちのユーロが少なくなっていた中、2ユーロは、めっちゃ損した感が。

その後はもう気が抜けて、ぼぉ~ っと水上バスに乗っていると、
今まで来るまで色々あったし、またヴェネツィアへ来れた感動でまたまた泣きそうになりました。
でも、一人で水上バスに乗っているオンナが号泣していたら、
みんなドン引きすると思ったので我慢しました(爆)

つづく?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2016

Mariさんのドキドキ☆イタリア滞在記(列車移動編)

【列車移動編】


イタリアの列車は特に改札が無くて、自分で切符に打刻しないといけません。
もしも打刻を忘れて、検札でそれが発覚すると50ユーロぐらいの罰金なんだそうです。

私はネットで予約していたので、eチケット(印刷物)でそのまま乗れるのか心配で
朝食後に駅のインフォメーションでその旨を尋ねに行きました。
結果、特にチケットに交換する必要は無く、打刻も不要との事・・・一安心(笑)

昼食をゆっくり食べて、それでも時間が余って、カフェでエスプレッソ飲みながら読書をしていました。
14:30の出発なので、14:10頃スーツケースを引っ張って乗り場を確認に。
だがしかし! 出発20分前だってぇーのに、乗り場が電光掲示板に載っていない!!
日本と違って無料の待合室も無いし、広い駅の構内でスリに気をつけながら
いまか、いまかと乗り場表示を待つのですが、5分前でもまだ・・・

心配になってきて、胸がドキドキして心臓が痛くなってきちゃいましたよぉ。
多分3.4分前に掲示板に表示が出た気がします。

ヨーローッパの列車はアナウンスが無いので、無事に下車出来るか・・・もドキドキでしたが
車内にはモニターがあって次の停車駅の表示があったので助かりました。

そして・・・どうやら打刻しなかった人がいたみたいで、検札の人とめっちゃ揉めてましたよ。
でもそれがどう収まったのか、全然覚えていない!!
あんなに騒いでいたのに、どうして記憶が無いんでしょう?


つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2016

Mariさんのドキドキ☆イタリア滞在記(フィレンツェ編)

【フィレンツェ編】


翌朝早めに空港へ移動するものの、「とりあえずシュテファン寺院は見ておかないと!」という事で観光へ。

で空港へ移動しようと思うのだけど、なんだか駅名がとてもわかり難いんです。
ウィーン空港ってカッコ書きでもしておいてくれれば安心出来るのに。
現地の地名で書いてあるものだから、印刷してきた路線図を広げて確認する、する。
周りの雰囲気で空港行きへ無事乗車したら、安心して居眠りしちゃいました。
前の座席に座っていた、おばあちゃんに起こされるという・・・(^_^;)

フィレンツェ空港へ到着して、自分の荷物が出てくるターンテーブルへ行きました。
ところが・・・いつまでたっても荷物が出てこないんです。
ただ自分のだけロスバゲって訳でなく、自分達の飛行機の荷物がまるっと出てこない(笑)
結局荷物受取るのに、30分以上待っていました。

バスで駅前へ移動して、スーツケースを階段で持ち上げーの、石畳を転がしーの、本日のホテルへチェックインしに行きます。
フィレンツェではアパートメントを予約したのです、駅近で安かったので。
チェックインはオフィスへ来い。とメールが着ていたので住所をたよりに行くのですが
その住所にオフィスらしきものは無く、しかも門が閉まっている日曜日!

周辺を人に聞きながら2周ぐらいしたし、住所の近所のホテルの人に聞いてみてもみんな知らないって言うんです。
それじゃ、宿泊の方へ行ってみよう! と行ってみるも、泊まれるようなところが無いのです!!
近くのお店の方に聞いてみたら、住所はそこで合っていると。
お気楽に「予約確認書の番号へ電話してみたら?」って言うけど
国際電話掛けたくなかったし、掛けてもイタリア語解らないし・・・
「電話なんて掛けられないよぉ~」って、ものすごい困った顔したら
優しいイタリア男性は電話してくれました♪

5から10分後、スタッフがやって着ました。
でもお互いに英語が堪能でなくて、細かい意思疎通が図れない(笑)
まぁ、部屋の使い方やチェックアウト時間やらを、お互い片言の英語で確認しあって、無事宿泊場所確保。
いやぁマジで野宿かと思っちゃいましたよぉ~。
本当に泣きそうでしたもん。
イタリア男性は優しくて、本当に助かりました。


つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2016

Mariさんのドキドキ☆イタリア滞在記(ウィーン編)

【ウィーン編】


ウィーンに無事到着し、スーツケースをLeft Baggare へ翌朝まで預けて市内へ移動しました。
第一の難関はキップを買うこと。
色々な方のブログで予習したし、印刷もしていったけど買いたい切符が無いのです。

イメージは成田から上野へ行く切符と都内24時間チケットを買う感じ。
市内行きは買えたけど、24時間チケットのボタンが無いっ!
仕方ないので、とりあえず市内行きを購入。
ま、24時間チケットは市内乗継駅で購入出来ました。

今回泊まったホテルの最寄駅は2ヶ所。
Aは乗換無しで徒歩9分、Bは乗換1回で徒歩5分。
乗換が簡単だったので、Bを選択。
到着して階段を上がって地上へ出て、「さぁ、困った。どっちの方向へ歩くんだろう?」
まだスマホのSimカードを買っていないので、オフラインマップしかなく方向が判らない。

通りがかりの人へ尋ねてみたら、その方はトラベラーだから道が判らないと。
2人目は現地の人みたいだったけど、判らないと。
3人目は右方向だよと教えてくれました。
が、またしても私の感が「こっちは違くない?」って言ってる!

オフラインマップでも、その範囲内なら道を検索出来たので調べたら
やっぱり反対方向でした。 危ない、危ない。
でその後も迷いにまよって、最後は通りがかりの人に道を尋ねて
ホテルの前までつれて行ってもらいました。

やっとホテルにたどり着いた! と思ったら、入り口が施錠されているのです。
「ここまでやっと着いたのに、泊まれないの???」とパニくる私。
インターフォンを見つけて、鳴らしに鳴らし続けてやっとチェックイン出来ました。
時刻は22時過ぎ・・・もう疲れてはてて、夕食も食べることなく就寝しました。


つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2016

Mariさんのドキドキ☆イタリア滞在記(乗継編)

いつもたくさんのコメントをくださったり、シンガ情報を教えてくださるMariさんが、先日イタリアに旅行されました。
ドキドキ旅行の詳細を書いて下さったので、Mariさんの許可もいただいたのでみなさまにご紹介させていただきます。(カテゴリー『Mariさん』を新設しました)
読みながら一緒にドキドキいたしましょう♪

【乗継編】

2年前からイタリア旅行を検討していて、完璧なハズだったのに(笑)
まず飛行機の予約でトチっちゃいました。
本来は飛んだ日にフィレンツェ入りしたかったのに、
うっかりウィーンで1泊する事になってしまいました。

でもウィーンまで直行で行って、翌日フィレンツェへ移動だったので、
旅慣れないウィーンでの、市内移動で1泊でしたがまだ許容範囲。
ところが・・・私の出発日は9/10、よりによって9/6だかにオーストリア航空が日本直行便から撤退が決定してしまったのです。

ANAのマイルで行く事になっていたので、ANAがフランクフルトまでの便を用意してくれました。
が、私はウィーンからフィレンツェへ行く予定。
ANAへ電話してフランクから繋ぎの便も用意してもらう事に。
結果オーライなのですが、一番恐れていたヨーロッパで当日乗継になりました。

乗継時間が1時間半ぐらいだったのですが、プロが用意していたので大丈夫だとタカをくくっていたら
予定時刻より早く到着し過ぎてボーディングブリッジに着けず
結局ブリッジ変更ーの、予定より遅くターミナルへ行く事に。

その後、乗換えターミナルへ行くのは解るのですが、
「入国審査ってどこで??」って感じでインフォメーションで尋ねながら歩く。
やっとパスポートコントロールを見つけて一安心したものの
私の感が「ゲートって遠いんじゃ?」って警告してくるのです。
予感は大当たりで、入国後に走る・走る・走る・・・
ゲートオープンの10分前に到着するという冷や汗モノでした。

羽田でシャワーしてスッキリしてきたのに、汗だくでした(笑)


つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2016

328カトンラクサ

バスを降りてゆっくり歩いて15分かかるかかからない位で328カトンラクサに着きました。
(いつも行く聖家族教会の先のお店)
12時前に着いたのでまだ空いていました。

025

貝を抜いてもらうの忘れましたのでよけて食べました。
前回はラクサを食べていないので1年ぶりのラクサ、美味しかったですdelicious
スープまで完食です。

値段がまた上がってしまったのが残念ですweep


Laksa(S)   S$5.35


328 Katong Laksa
216/218 East Coast Road, Singapore
10am-9pm


026
去年リノベしてキレイになった店内。
前の店の方が雰囲気があって、暑い中で汗をかきながら食べるのが好きでした。
でも、冷房が効いている店内も暑いシンガではありがたいのですね。

027
ガラスのドアの手前は以前と同じく外で食べられますが、注文をしに涼しい店内に一度入ってしまうと外に出る勇気はあまりないかも。


035
帰りも36番バスに乗ったのですが、途中で事故があったみたいで少しだけ道路が混みました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 20, 2016

36番バスでカトンへ

2日目 2016年06月24日(金)

前の晩は10時半頃には眠ってしまいました。
8時にアラームをセットしておいたのですが、その前7時40分頃に目が覚めたのでそのまま起きました。
いつもよりたっぷり眠れました。

朝食は、ラウンジでゆっくりいただきました。
オスカーズに比べると種類も少ないですが十分です。
朝食を食べ過ぎると、そのあとのローカルフードに響きます(笑)

昨日は晴れていたのに今朝は雨が降っています。
リトルインディアに行きたいなあと思っていましたが、雨だと寺院巡りができないので(寺院では裸足になる必要があるため)今日は無理そうです。
どうしようか考えて、と言うより「何を食べるか」考えて、328カトンラクサを食べに行くことにしました。
実は、来る前に今までと行き方を(乗るバスを)変えてみようかなと思っていたんです。
今までは、ニコル・ハイウェイから10番か14番バスに乗っていましたが、ホテル近くのバス停から36番バスに乗るとマリンパレード・ロードのパークウェイパレード近くに行かれるんです。

023
サンテック・コンベンションセンターのバス停です。
コンラッドから道路を渡った向かい側です。
このバス、いいです。あまり停留所がないんです。
サンテックコンベンションセンター(B02151 Temasek Boulevard)の次は、プロムナード駅の停留所(B02161Temasek Avenue)に停まりますが、その先はEast Coast Parkwayに入るので暫くノンストップです。
再び停まる停留所は、カトンにだいぶ近づいたTanjong Katong Road(B82051)、そしてAmber Road(B92249)→Marine Parade Road(B92041)となります。
乗っていた時間は12~3分でしたので、10番・14番バスに比べるとバス停も近いし、乗車時間も短くてすみます。

024
バスを降りたあたり、ここも新しいホテルができるようです。

029
パークウェイパレードとマリンパレードプロムナード。
ここの雰囲気わりと好きです。

030
なぜかイルカのオブジェ。

032
パークウェイパレード、他のショッピングセンター入っているお店は殆ど変わらないと思います。

034
前に1泊だけしたことがある「グランドメルキュールロキシーホテル」
帰りはパークウェイパレード側からバスに乗りますので、そこから撮りました。

033
帰りのバス停の近くにありました。
じっくり観察してきたのではないので正確にはわかりかねますが、現金の投入口が見あたりませんのでカードオンリーかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2016

板麺

最近は初日の夕食はマリーナスクエアなど近場で食べることが多いですが、この日はいつもより早く到着できたので、それならゴールデンマイルFCでホッケンミーもいいなあと思ってサークル線に乗って向かいました。
着いてみると残念なことにリノベ中(5/3~6/30)でした。
残念ですが営業していないのなら場所を変えなければなりません。
マリーナスクエアでコロミーかホッケンミーかなあと思いながらプロムナード駅まで戻り、一応サンテックのフードコートものぞいてみようかと思って行ってみました。
今まで気が付かなかった何かがあるかもしれませんから。

そこで見つけたのが麺のお店です。
きっと前からあったのだと思いますが、今まで気が付かなかったんですね。。。
メニューをよく見てみたら、板麺もありましたので食べました。
他には辛い麺なんかが人気があるようでした。

Img_1947

予想よりおいしかったです。
麺はハンドメイドって書いてありました。
初めのころは嫌いだった小魚(イカンビリス)も、今はおいしいと思って食べています。
板麺はスープの味が日本人に合う気がします。

017

Ban Mian  S$5.00


Formosa Delight
Food Republic
Suntec City Mall

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2016

Conrad Centennial Singapore 801号室

空港からの道路も空いていて20分かからずにホテルに着きました。
前回は渋滞していたので1時間かかってしまい料金もS$35.75でしたが、この日はS$18.45と半分位ですみました。
まだ17時50分、この時間帯の便で来て18時前に着くなんてあまりありません。

とりあえず1階のフロントで予約確認票を見せてチェックインは31階でしたい旨を伝え上に連れて行ってもらいました。
エレベーターが31階で停まって降りるとき、「今日はスタッフは誰がいるのだろう」とちょっと楽しみです。
そしてこの日は、ManoloさんとJaneさんの2人でした。
2人とも知っているかただったのでよかったです。

予約していたのはエグゼクティブルームでしたが、スイートにUGしてくれると言われました。
私としては、スイートは嬉しいけれどそれよりもなるべく遅くまでお部屋を使える方が嬉しいので、ダメもとで「帰国の便が深夜なのでなるべく遅くチェックアウトしたい」と言ってみました。
スイートでそれができないのなら(前にスイートは部屋の数に限りがあるのでレイトチェックアウトは難しいと言われたことがありました)、エグゼクティブのままでチェックアウトを遅い時間にしてもらおうと思っていました。
そうしたら、チェックアウト16時でOKって。
18時だったらもっと嬉しいけれど、当日の状況で変えてもらえる可能性もあると思ったのでとりあえず16時チェックアウトにしてもうことにしました。

アサインされたお部屋は8階のCentennial Suite 801号室です。

Img_1943
まず、ドアを開けて部屋に入ると小さなリビングルームがあります。
この赤いソファーでごろごろしてみたかったんです。
前に泊まった時は、忙し過ぎてあまり部屋でゆっくりできなかったので。。。
今回の滞在中は、結構このソファーでくつろげました。うたた寝もできちゃったしsleepy

Img_1944
リビングの奥にはベッドルームがあります。
窓から見える木が近いです。8階なので。
最近は上の階が多かったので低層階は新鮮でした。
上の部屋だと気が付かなかったのですが、シンガってわりと風が強いので木がよく揺れていました。

153
このドローワー?チェスト?に持ってきたものを入れて使っています。
洋服も全てクローゼットにしまい、スーツケースは帰りの荷造りをするまで開けません。

Img_1945
ベッドルームの奥にバスルームがあります。
バスタブがちょっとだけ大きいような気がします。

042
シンクはWシンクなので使い易いです。
アメニティは、気に入っているタラスミスをリクエストしました。


部屋の写真をあまり撮っていませんでした。
せっかくのスイートなのに‥。
ただ、スイートとは言っても一番下のランクだと思いますし、リビングがあることが違う位で、設備に差はないと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 14, 2016

SQ637シンガポール行き

SQ637の搭乗開始は10時40分頃だったと思います。
搭乗口は結構遠い第4サテライトの46です。この便は45とか46が多いような気がします。

機内はほぼ満席だったようでした。
座席は44K、予約購入時に通路側は既に空席がなかったので追加料金を払って有料座席(プリファードシート)にしました。
2人並びの窓側でしたが、前に誰もいないので足も伸ばせたしゆったりできました。この席くせになりそうです。

離陸前のアナウンスによると、シンガまでの飛行時間は6時間30分を予定しているとのこと、到着が楽しみです。
11時25分頃に離陸し少しして飲み物のサービスがありました。
そのあと、1時間後位にお食事になりました。

インターナショナルセレクションをいただきました。
014
インターナショナルセレクション
前菜         コッパ生ハム ポテト・エッグサラダとともに
メインコース    鶏肉のバーベキューソース焼き
             ベジタブルとポテトを添えて
デザート      ピーチタルト
ベーカリー    パンとバター
温かいお飲物  コーヒーと紅茶

美味しかったです。
以前に比べると品数が減ったと思いますが‥(前はチーズとクラッカー、アイスクリームもサーブされていたことも)
ちなみにもう一種類の和食のメインコースは豚肉の生姜焼きでした。


たまにシートベルト着用サインがでましたが飛行は概ね順調でした。
16時20分、あと35分で到着するとアナウンスがありシンガまでもうすぐです。

定刻(17時20分)より少し早い17時ちょっと前、無事にチャンギに到着しました。
到着時の天気はくもり、気温は31℃。
機外に出た時のあの温度と湿度を感じると、シンガに着いたのを実感します。


入国審査もあまり並ばずに済み、スーツケースもわりと早く出てきたし、タクシー乗り場も並んでいなかったので17時半にはタクシーに乗ることができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«朝食はエッグベネディクト@ロイヤルコーヒーショップ